2017年11月12日 明治神宮野球場

静岡vs日本航空石川

2017年 第48回明治神宮野球大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

前半でリードを奪った静岡がそのまま逃げ切る



ハイタッチ(静岡)

【写真ギャラリー追加!】

 2年連続の4回目になる明治神宮大会出場の静岡だが、新チームスタート当初は昨年のチームに比べると攻守にやや粒が小さくなったといわれていた。しかし、秋季県大会中部地区予選から県大会、そして東海大会と戦っていくうちに、結果を出しながらチームそのものが逞しくなっているようだ。そんなチームの姿を、神宮球場で全国のファンの前でも見事に示してみせた。

 1回戦で日大三に9回に追いつかれながらも、タイブレークの末に下した日本航空石川は、勢いに乗っている。ことに原田君、石川君と小板君というこの夏の甲子園の経験もある力のある打者を擁するだけに、このチームは十分力がある。初戦では、そんな自信も示すことにもなった。

 しかし、静岡はそんな日本航空石川の勢いをすっぱりと止めるかのように、前半で大きくリードを奪っていった。

 初回、静岡は先頭のシュアな打者村松君がまずは遊撃深いところへ内野安打。すかさず二盗を決めると、3番黒岩君が左翼線を破る二塁打で帰して先制。さらに暴投で三塁へ進むと、成瀬君の右前打で帰って2点目。

 2回にも二死走者なしから9番加茂君が中前打で出ると二塁盗塁を決めて、村松君が一二塁間を破って帰して早くも3点リードとなった。

 さらに4回にも静岡は、加茂君の四球と村松君の3打席連続となる安打で一三塁とする。ここで、日本航空石川の中村隆監督は、先発の重吉君に見切りをつけて2番手として、1回戦でも踏ん張った大橋君を投入したが、一塁ゴロの間に三走が帰って4点目が入った。

【次のページ】 静岡vs日本航空石川(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ミレニアム世代の要注目バッター3名を紹介! 【ニュース - コラム】
第159回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.3 「村松開人、内野裕太、水野達稀」【ドラフト特集】
岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)のバッティングの極意に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
日本航空石川vs富山商【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
佐久長聖vs日本航空石川【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
東海大静岡翔洋vs誉【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
東邦vs静岡【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
いなべ総合vs東海大静岡翔洋【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
第660回 3年ぶり秋春東海連覇を狙う静岡。追う東海のツワモノたち【大会展望・総括コラム】
第68回 静高が筆頭だが常葉勢や新鋭私学勢力も元気【静岡・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第63回 星稜、金沢、遊学館の3強時代から日本航空石川も加わり4校の競い合い【石川県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第655回 上田優弥(日本航空石川)「甲子園初アーチは右中間へ打ちたい」 【2018年インタビュー】
第616回 大橋修人(日本航空石川)「150キロとエースの座を追い求めて、すべての経験を糧にする」 【2017年インタビュー】
第426回 県立静岡高等学校  鈴木将平選手 「18選手の中で最も名を上げるかもしれない逸材」  【2016年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
静岡 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
第48回 明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

静岡がんばれーーー!!!静高OB 2017.11.11
がんばれーーー!!!
♪岳南健児一千の♪ 日曜日に観戦に行きますよ! 頑張れ静高新井規泰君 2017.11.10
ファイトファイトファイトファイト 静高
静岡まず1勝を西早稲田 2017.11.09
2年連続出場おめでとうございます。
まず1勝を、そして2勝目、3勝目と日本一を目指してください。
楽しみにしています。岳南健児に逍遥歌を!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る