2017年10月31日 高知市営球場(高知市総合運動場 野球場)

松山聖陵vs大手前高松

2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

大手前高松、「奪進塁合戦」をすかされ知った次への課題



松山聖陵先発・土居 豪人(2年)

「いい試合ではなかったですね」。試合後、初の秋季四国大会ベスト4進出を決め、初のセンバツ出場へ大きく前進した松山聖陵・荷川取 秀明監督。初出場の秋季四国大会で1勝も、前日に高知追手前延長14回を演じた疲労がそこかしこに見えた大手前高松・山下 裕監督が図らずも同様の感想を漏らした。ただ、結果を見れば一日の長を見せたのは松山聖陵。その勝因を分析すると、大手前高松が次に目指すべき課題も見えてくる。

 チームコンセプトとしてここ数年、ヒットが出なくても点を取る「奪進塁」を掲げている大手前高松は、この試合でも自己最速144キロをマークした松山聖陵土居 豪人(2年・投手・右投右打・190センチ80キロ・宇和島市立城東中出身)に対し5回まで無安打。9回までにわずか3安打でも計5得点を奪った。

 一例をあげれば3回裏は2四球で得た二死一・三塁から三走の6番・内田 峻太(2年・中堅手・右投右打・177センチ71キロ・高松市立国分寺中出身)、一走の8番・田村 悠晟(2年・三塁手・右投左打・166センチ66キロ・土庄町立土庄中出身)がダブルスチール成功。続く4回裏も無死から死球の内田が二盗を決めると、2失策を絡めて2得点。特に内田は3盗塁をすべて得点につなげ、奪進塁の急先鋒に。最終的には159球・自責点2完投した松山聖陵・土居が試合後「身体が開いて前でさばけず、ひざが割れてしまった」と自ら技術的課題を述べた9四死球の裏には、彼らが土居にかけたプレッシャーがあったことは間違いない。

 ただ、山下監督はこうも指摘する。「香川県大会で出せた長打が、四国大会では出せなかった」。確かに、松山聖陵愛媛県大会5試合11盗塁の脚を完全に封じられても先発全員の16安打、うち長打6本で8得点。相手の狙っていた「奪進塁合戦」に持ち込ませることなく、もう1つの引き出しで勝利を収めた。

【次のページ】 松山聖陵vs大手前高松(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
新田vs松山聖陵【愛媛県 2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会】
投打に進化の「ニュー西条」、大洲の健闘を退ける!2回戦3試合をレポート!【愛媛大会】 【ニュース - 高校野球関連】
済美、聖カタリナが3回戦進出!松山聖陵が初戦敗退【選手権愛媛大会・17日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第734回 「今を生きる」皆様に感謝と元気を持って 愛媛の夏が開幕!!【大会展望・総括コラム】
第730回 【香川展望】100回目、香川の夏は「混戦・激戦・熱戦」【大会展望・総括コラム】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs大手前高松【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第85回 松山商と今治西が歴史を作り新興の済美が躍進し松山聖陵が追随【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第703回 夏のセンターポジションへ!「ガチの」大阪桐蔭に香川の4校が挑む!【大会展望・総括コラム】
大手前高松vs聖カタリナ学園【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
大手前高松vs明徳義塾【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
大手前高松 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
第70回秋季四国大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る