2017年10月08日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

東海大菅生vs盛岡大附

2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

延長11回タイブレーク大激戦は、東海大菅生に軍配!



松本・鹿倉のバッテリー(東海大菅生)

 夏の甲子園ベスト4、1回戦では三本松(香川)を7回裏の集中打により9対2コールドで下した東海大菅生(東京)と、同じく夏の甲子園ベスト8・1回戦では3番・植田 拓(3年・中堅手)、4番・比嘉 賢伸(3年・遊撃手)の2者連続本塁打なでで明豊(大分)を7回コールド10対2で破った盛岡大附(岩手)が準決勝進出をかけて激突。試合は攻撃力の高い両校が初回からタイブレークまで持ち味を出し合う好勝負となった。

 初回は表の東海大菅生が二盗塁を絡め3番・小玉 佳吾(3年・二塁手)と5番・佐藤 弘教(3年・左翼手)の適時打で2点を先制すると、裏の盛岡大附は3番・植田の左前適時打と無死満塁から5番・松田 夏生(3年・捕手)の中越走者一掃二塁打で一挙4点。試合をひっくり返す。

 しかし、東海大菅生も徐々に反撃へと転じる。3回表には小玉、4番・片山 昻星(2年・一塁手)の連続二塁打で1点差に迫ると、7回表にはまたしても小玉、片山のコンビで5対4と逆転。2回裏から8回裏までは「別人のように素晴らしいピッチングをしてくれた」と若林 弘泰監督も称えるほど調子を取り戻し、最速140キロも出した戸田 懐生(2年)が無安打投球を展開し、勝利を目前まで引き寄せた。

 ただ、高校野球はやはり最後まで分からない。盛岡大附は土壇場の9回裏、比嘉の右翼線二塁打をきっかけに二死三塁とすると、9回表に右翼手から2番手マウンドに上がっていた7番・平松 竜也(3年)が執念の遊撃内野安打。試合は5対5の同点のまま、今大会初となるタイブレーク方式(無死一・二塁から)の延長戦へと突入する。

 タイブレークでも両者は激しい駆け引きと気迫が交錯させる。10回に東海大菅生が一死二・三塁からこの日5安打4打点目となる小玉の2点適時打で勝ち越すものの、盛岡大附は「タイブレークに入った時点から決めていた」(関口 清治監督)ダブルスチールで悪送球を誘い1点を返すと、1番・林 一樹(3年・左翼手)がバント安打。2番・大里 昻生(3年・三塁手)が二塁手横を抜く強烈な適時打で再び同点。植田も背走する左翼手のグラブを弾く当たりでサヨナラ勝ちと思われたが……。走者追い越しでアウト。その後も本盗失敗などが重なり、最後の1点を奪うことはできなかった。

 逆に命拾いした形となった東海大菅生は、11回表に暴投、5番・佐藤の中犠飛で勝ち越すと、6番・奥村 治(3年・三塁手)の適時打や失策などで5点を奪い勝負あり。2時間55分の激闘を制した東海大菅生は、明日10月9日(月・祝)8時半プレイボールの準決勝第1試合で、広陵(広島)と対戦する。

(文=寺下 友徳

関連記事2017年国民体育大会特設応援サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
比嘉 賢伸(盛岡大附)が巨人育成枠1位指名を受ける! 【ニュース - インタビュー】
櫻井周斗(日大三)が横浜DeNAベイスターズから5位指名を受ける! 【ニュース - インタビュー】
第588回 比嘉 賢伸(盛岡大附)「心が変われば、誰でも進化出来る」 【2017年インタビュー】
第587回 植田 拓(盛岡大附)「モリフメソッド+右手の押し込みで高校通算60本塁打超!」 【2017年インタビュー】
第47回 盛岡大附のマネージャーが選手たちと歩む努力の日々【頑張る!マネージャー】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
広陵vs大阪桐蔭【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
大阪桐蔭vs津田学園【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
広陵vs東海大菅生【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
大阪桐蔭vs花咲徳栄【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
津田学園vs日本文理【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第4回 盛岡大学附属高等学校(岩手)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第1回 東海大学菅生高等学校(東京)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離! 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
東海大菅生 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
第72回国民体育大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

東海大菅生明日も頑張って!菅生ファン 2017.10.08
夏に続いて準決勝進出おめでとうございます。今度はここで一発優勝して後輩たちを活気づけ、来年の夏の全国制覇に向けての起爆剤にしてください!
東海大菅生東海大菅生、ファイトみ 2017.10.08
東海大菅生のみなさんの活躍を甲子園でもみていました。そして一回戦の三本松との戦い!甲子園でも対戦した三本松に勝ちましたね!そして二回戦でも頑張ってくださいね!✊
東海大菅生ここでも全国制覇を目指せ菅生が1番 2017.10.07
全国制覇という目標を掲げたことで、夏に甲子園に出場できた。その目標は、今後も菅生にとっては揺るぎないもの。だから一戦必勝。つぎの試合も全国制覇のための1つの通過点。どんな相手でも負けない野球を目指せ。負けない野球とは堅守からのリズムある攻撃だ。最後まで菅生野球を見せつけよう。頑張れ菅生!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る