2017年08月23日 コザしんきんスタジアム

星稜vs興南

2017年 練習試合(交流試合)・秋 第1回沖縄・石川親善高校野球交流大会
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

奥川が好投!星稜が甲子園帰りの興南を迎え撃つ!



好投した奥川(星稜)

 石川県の強豪校、星稜を招待しての第1回目。第二試合は甲子園帰りの興南星稜を迎え撃った。興南は初回、トップの仲村 匠平がレフト前ヒットで出塁。根路銘 太希が四球を選ぶと、犠打でキッチリと進めた。ここで4番當山尚志が上手くおっつけてライト前へ運び2点を先制。1番から4番までの得点に至る流れが非常に理想的な攻撃であった。追う星稜の反撃は4回裏。5番河合陽紀がレフト前ヒットで出塁すると犠打とワイルドピッチで三塁へ進み、鯰田啓介の内野ゴロで1点を返した。二死となったが8番山瀬慎之介がライトを襲う二塁打。その後、相手のエラーが絡み同点に追いついた。

 星稜は7回、それまで好投していた藤木 琉悠に代わってマウンドに上がった仲松青竜を攻める。9番奥川恭伸と1番南保良太郎の連続長短打で1点を奪取。このリードを途中からマウンドに上がった奥川恭伸が守りきる。テイクバックをゆったりと、だがリリースの瞬間からフィニッシュまでの腕の振りが鋭く、興南打線が差し込まれる場面が多々見られた。奥川恭伸は6回と2/3イニングを投げ、被安打5、三塁を踏ませたのはただの一度だけというピッチングだった。

「おそらく、ですが。星稜ナインはこの交流試合の前に思い切り体を追い込んできているのではないでしょうか。」僕に教えてくれたある人が見極めたのは、星稜ナインの走る姿と歩く姿だった。注視してみるとなるほど。歩き方でも足取りが重く感じる。それでも笑顔を絶やさない星稜ナインの姿が印象的でもあった。それが本当であったとして。これが100%に近い状態で試合をしていたなら。この秋の、石川県高校野球秋季大会での星稜の試合から目が離せない。

(文=當山 雅通

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
美里工vs沖縄水産【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
名護vs浦添【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
九州8強の沖縄尚学がコールド発進!【沖縄県1年生大会・11日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
本日、決勝戦・小松大谷vs金沢が開催!【石川県1年生大会・4日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第131回 ここ10年間の夏の甲子園優勝投手の現在地【ドラフト特集】
星稜vs北越【2017年秋の大会 第137回北信越地区高校野球大会(平成29年度秋季)】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs沖縄水産【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第561回 今大会で最も熱く、ハイレベルな4日目!4試合の見所を徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第27回 興南高等学校(沖縄)【2年ぶり11回目出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第456回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「理想の打撃実現は、無駄な力を抜くことから」・後編 【2016年インタビュー】
第455回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「野手ではなく、投手としてプロ注目だった高校時代」・前編 【2016年インタビュー】
第296回 立教大学 大城 滉二選手「勝つための走塁は迷いを一切なくすこと」 【2015年インタビュー】
興南 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・秋 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る