2017年05月03日 徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)

三本松vs高知

2017年春の大会 第70回春季四国地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

三本松・佐藤 圭悟が魅せた「自在型」投球



七色の変化球を駆使し123球2失点完投勝利の三本松・佐藤 奎悟(3年)

 最速141キロのフォーシーム。「動画サイトを見て覚えた」宜野座カーブ。香川県大会3回戦・高松一戦では17奪三振の原動力となった縦スライダー、横スライダー。深めに握るカットボールにスプリット。つかんで中指で抜くチェンジアップ。縫い目にかけないスローカーブ、ツーシーム……

「練習では投げている」ワンシームこそ投げなかったが、この日も三本松先発・佐藤 圭悟(3年・右投左打・174センチ66キロ・東かがわリトルシニア出身)が「顔の前でリリースすることを心がけ」投ずるボールはホームベースを軸に縦横自在な変化を見せた。

 加えて、この試合では対応力も目を見張るものがあった。本人も日下 広太監督も「最近の練習試合では調子がよくない」と認め、序盤は固めのマウンド対応にも苦慮。しかし「中盤以降はマウンドが掘れるので、投げやすくなるよ」。ルートインBCリーグ・石川ミリオンスターズと新潟アルビレックス・ベースボール・クラブでも捕手として活躍した指揮官から的確なアドバイスを受けると、5回までは勝負どころで計6三振を奪いにいく剛腕系を継続。

 転じてマウンドに慣れた6回以降は「それまでの打者の反応を見て配球を考えて」6回裏二死以降の10人を奪三振2・内野ゴロ6・外野フライ2に打ち取る軟投系で、高知打線をパーフェクトに抑えた。

「チェンジアップやカーブがよく決まっていた。さすが香川県で勝てているだけある」。歴戦の敵将・島田 達二監督も兜を脱いだ佐藤の「自在型」。これが夏の香川大会までに、さらに言えばその前、6月18日(日)10時からレクザムスタジアム早稲田実業(東京)と対戦する「香川県高野連招待試合」までにどのような進化を見せてくれるのか。楽しみでならない。

(取材・写真=寺下 友徳

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
三本松、丸亀、高松中央が準々決勝へ!【香川県1年生大会・4日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
丸亀城西、三本松が勝利し代表決定戦に臨む!【香川県1年生大会・3日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
大手前高松vs高知追手前【2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会】
高知vs鳴門渦潮【2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会】
第453回 県立三本松高等学校(香川)「甲子園優勝」への中期・短期・日々目標設定【後編】【野球部訪問】
第452回 県立三本松高等学校(香川)「甲子園優勝」への中期・短期・日々目標設定【前編】【野球部訪問】
明徳義塾vs高知【高知県 2017年秋の大会 高知県秋季大会】
高知追手前vs高知商【高知県 2017年秋の大会 高知県秋季大会】
第117回 3年生座談会 県立三本松高等学校(香川)「甲子園優勝へあと3つ」までの記録帳【後編】【僕らの熱い夏2017】
第116回 3年生座談会 県立三本松高等学校(香川)「甲子園優勝へあと3つ」までの記録帳【前編】【僕らの熱い夏2017】
東海大菅生vs三本松【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第2回 三本松高等学校(香川)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
高知 【高校別データ】
三本松 【高校別データ】
第70回春季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る