2016年10月24日 別大興産スタジアム(新大分球場)

東海大福岡vs明豊

2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

途中出場の背番号16が殊勲打

東海大福岡・清水雄大

 1点を追う8回に3番・北川 穂篤(2年)の犠牲フライで同点に追いついた東海大福岡。その裏、一死二塁のピンチをしのぐと、延長10回に二死一塁から途中出場で2番に入っていた清水 雄大(きよみず・2年)がライトオーバーのタイムリー二塁打で勝ち越し。10回裏をエース安田 大将(2年)が三者凡退に抑えて接戦を制した。

「清水は県大会の最後から腰の状態が良くなくて、ベンチに入れようか考えた選手。よく打ってくれました」と杉山 繁俊監督は殊勲打の背番号16を讃えた。さらに、「バッテリーがよくがんばった」と1イニング最少失点に抑えたことも褒めた。

 エースの安田は立ち上がりと、4回に失点してしまったが、気持ちを切り替えて持ち味のリズミカルなピッチングスタイルで守りのリズムを作った。中学2年生時に変更したサイドスローの投球フォームが特徴で、打たせて取るのが長所。「テンポの良くストライク先行で」とバックのリズムを最優先して投げていることを話した。

 もう一つ、このゲームのポイントになったのが8回裏の守り。一死二塁から明豊の4番・杉園 大樹(2年)にレフト前へと運ばれた。東海大福岡のレフト・遠藤 秀斗(2年)の好返球で本塁タッチアウト。キャッチャーの北川はその瞬間に打った杉園の動きを気にしたが、その杉園は一塁ベース付近で本塁のクロスプレーを見てしまっていた。「あそこで二塁に進まれたらきつかったと思います。(止まってくれていて)ラッキーでした」と北川は話した。

 もしもう一度、二死二塁になっていたならば、ゲーム展開は変わっていたかもしれない。明豊の視点で考えると、もったいない場面だったように感じる。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昨夏優勝の明豊、延長戦で勝利【選手権大分大会・12日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
大分舞鶴、大分東明、三重総合が2回戦進出!【選手権大分大会・11日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第91回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第710回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【野手編】【大会展望・総括コラム】
明豊vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
明豊vs霞ヶ浦【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第653回 今年も九州大会は人材豊富だった!夏へ向けて楽しみな逸材を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第688回 濱田 太貴(明豊) 「相手投手に投げる球がない打者と思わせたい」 【2018年インタビュー】
明豊vs伊万里【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs聖心ウルスラ【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
第644回 21日開幕!注目カード多数の九州大会!【大会展望・総括コラム】
第649回 濱田 太貴(明豊)ミレニアム年代の主砲が語る「理詰めの長打論」 【2018年インタビュー】
盛岡大附vs明豊【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第178回 福岡ソフトバンクホークス 今宮 健太選手  【2014年インタビュー】
東海大福岡 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
第139回九州地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る