2016年10月24日 別大興産スタジアム(新大分球場)

東海大福岡vs明豊

2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

途中出場の背番号16が殊勲打

東海大福岡・清水雄大

 1点を追う8回に3番・北川 穂篤(2年)の犠牲フライで同点に追いついた東海大福岡。その裏、一死二塁のピンチをしのぐと、延長10回に二死一塁から途中出場で2番に入っていた清水 雄大(きよみず・2年)がライトオーバーのタイムリー二塁打で勝ち越し。10回裏をエース安田 大将(2年)が三者凡退に抑えて接戦を制した。

「清水は県大会の最後から腰の状態が良くなくて、ベンチに入れようか考えた選手。よく打ってくれました」と杉山 繁俊監督は殊勲打の背番号16を讃えた。さらに、「バッテリーがよくがんばった」と1イニング最少失点に抑えたことも褒めた。

 エースの安田は立ち上がりと、4回に失点してしまったが、気持ちを切り替えて持ち味のリズミカルなピッチングスタイルで守りのリズムを作った。中学2年生時に変更したサイドスローの投球フォームが特徴で、打たせて取るのが長所。「テンポの良くストライク先行で」とバックのリズムを最優先して投げていることを話した。

 もう一つ、このゲームのポイントになったのが8回裏の守り。一死二塁から明豊の4番・杉園 大樹(2年)にレフト前へと運ばれた。東海大福岡のレフト・遠藤 秀斗(2年)の好返球で本塁タッチアウト。キャッチャーの北川はその瞬間に打った杉園の動きを気にしたが、その杉園は一塁ベース付近で本塁のクロスプレーを見てしまっていた。「あそこで二塁に進まれたらきつかったと思います。(止まってくれていて)ラッキーでした」と北川は話した。

 もしもう一度、二死二塁になっていたならば、ゲーム展開は変わっていたかもしれない。明豊の視点で考えると、もったいない場面だったように感じる。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【えひめ国体】大阪桐蔭、花咲徳栄らが開幕飾る!初日の4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
盛岡大附が強打10得点で明豊を下す! 【ニュース - 高校野球関連】
盛岡大附vs明豊【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第6回 明豊高等学校(大分)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第72回 明豊(大分)編「今夏2009年以来のベスト8となった明豊のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第576回 今年の甲子園は9回で試合がよく動いた!編集部が選ぶベストゲーム3試合!【大会展望・総括コラム】
天理vs明豊【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第570回 いよいよ準々決勝!大本命が敗れた今、優勝はどこにもチャンスがある!【大会展望・総括コラム】
明豊vs神村学園【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第568回 3回戦突入!東海大菅生、二松学舎大附は2年ぶりの東京都勢ダブル8強入りはなるか?【大会展望・総括コラム】
明豊vs坂井【第99回全国高等学校野球選手権大会】
福岡大大濠vs明豊【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
第178回 福岡ソフトバンクホークス 今宮 健太選手  【2014年インタビュー】
東海大福岡 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
第139回九州地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る