2016年06月04日 和歌山県営紀三井寺野球場

履正社vs智辯和歌山

2016年春の大会 平成28年度春季近畿地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

ついに本領発揮!履正社の剛腕左腕・山口裕次郎!

山口裕次郎(履正社)

 本領発揮しつつあるといっていいだろう。履正社の大型左腕・山口 裕次郎(3年)。寺島 成輝とともに、注目されている大型左腕だが、故障もあり本来の実力を発揮できずにいたが、大阪大会準々決勝決勝で好投を見せたように、少しずつ内容が良くなっていた。そして近畿大会。これが剛腕左腕・山口の実力か...とこれまでの印象ががらりと変わる内容を見せたのだ。前回の登板(東海大仰星戦)ではドラフト候補として片鱗を見せた時、大きく取り上げると書いていたので、しっかりと彼の魅力をお伝えしていきたい。

 1回表、「立ち上がりは押し出すような投げ方になって切れのあるストレートを投げられなかった」と振り返るように130キロ中盤のストレートが高めに浮き、智辯和歌山の4番・髙垣 鋭次に適時打を浴び、先制を許す。智辯和歌山は練習中からかなり速い速度で打撃練習を積んでいるように速球には強い。甘く入ったストレートは打たれると気を引き締めた山口は押し出して投げないようにテークバックを大きすぎないように小さい動きでトップに持っていき、内回りの軌道でリリースに入ることを意識し、調子を取り戻していく。

 先制された履正社だが、すぐに長打で取り返す。1回裏、3番四川雄翔の2ランホームランで逆転に成功。さらに体格はT-岡田以来の左のスラッガーとして期待される安田 尚憲(2年)が変化球を思い切り救い上げてライナー性で飛び込む2ランで4対1とする。芯に当たれば物凄い打球を飛ばす。ただ打ち損じが多く、目線がぶれやすいのが課題。岡田監督は「まだ2年生で、打ち損じが多いんですよね。体格は岡田と変わりないですが、テクニックはまだまだ及びません」と打ち損じしない技術を課題に挙げた。

 山口は尻上がりに調子を上げていく。130キロ中盤だったストレートはみるみる調子を上げていき、5回表には、135キロ~140キロから最速143キロを計測するなど、力で押していく投球ができるようになる。

【次のページ】 履正社vs智辯和歌山(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯和歌山期待の1年生右腕・池田 陽佑!近畿大会2試合の登板で学んだこと 【ニュース - インタビュー】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
3連休中はどの地区も激戦!好試合をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs乙訓【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs法隆寺国際【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第604回 【近畿大会準々決勝展望】選抜を大きく前進する4チームはどこだ!?見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第133回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(西日本編)【ドラフト特集】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
智辯和歌山vs履正社【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
第124回 【2017年ドラフト】 高校通算65本塁打!安田尚憲の3年間を振り返る!【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
智辯和歌山 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
春季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

智辯和歌山残念だ応援団ob 2016.06.04
決勝での兄弟校対決を楽しみにしていただ残念である。
夏の甲子園でリベンジだ!!!
智辯和歌山復活モーリ 2016.06.04
昨年の甲子園の悔しさを晴らすには、今年の夏も甲子園へ。
履正社久しぶりの対戦圧勝をミスターR 2016.06.01
智辯和歌山は、打線のチームのイメージがありますが、共に組織力を生かしたチームとしての共通点があり、投手力で上回る履正社が、したたかに確実に得点して勝利をものにして下さい!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る