2016年05月29日 和歌山県営紀三井寺野球場

智辯和歌山vs京都翔英

2016年春の大会 平成28年度春季近畿地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

1年生が早くも強力打線の中心に

1番・北阪太志(智辯和歌山)

 5番と6番、打点を稼ぐにはもってこいの打順を1年生が任された。

 智辯和歌山は3回に一死一、三塁から1番・北阪 太志(3年)の犠牲フライで1点を先制すると、続く4回に野口 春樹(3年)と髙垣 鋭次(3年)の連打で作ったチャンスに文元 洸成(1年)と林 晃汰(1年)が連続適時打を放つ。欲しかった追加点を1年生コンビが叩き出した。

 エース・橋 祐我(3年)は力みのないフォームからひょうひょうと投げ込み京都翔英打線を翻弄。8回に無死一、三塁のピンチを招き内野ゴロの間に1点を失うがこれは点差がついていたため織り込み済み。次打者を注文通りの併殺打に打ち取り最少失点で切り抜けた。

 4点リードで迎えたその裏には二死から林が左中間へ二塁打を放つと7番・下村太輝(3年)が3ボールから強振。高く舞い上がった打球はレフトフライかと思われたが、京都翔英のレフト・新田 大輔(2年)がフェンスいっぱいまで下がっても届かない。打球はそのままフェンスを越え2点を追加。さらにランナーを2人ためると7回に本塁打を放った北阪 太志(3年)がセンター前へ運びコールド勝ち。
3回までは1得点だったがアウトの内容は初回がバント失敗と三振ゲッツー、しかし2回と3回のアウトは長打と紙一重の外野フライが5つ。智辯和歌山打線と相対した京都翔英の捕手・石原 彪(3年)は「アウトのなり方がいいんで。自分たちも見習って練習していかないと」とスイングの鋭さを感じていた。

【次のページ】 智辯和歌山vs京都翔英(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
選抜準優勝校・智辯和歌山は14日登場!和歌山の組み合わせ決定! 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山vs滝川第二【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
見事連覇達成!大阪桐蔭が智辯和歌山との再戦に勝利!【春季近畿大会・3日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
智辯和歌山vs比叡山【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
立命館宇治vs京都翔英【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都翔英vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
第639回 【決勝展望】センバツ連覇を狙う大阪桐蔭か?24年ぶりの優勝を狙う智辯和歌山か?【大会展望・総括コラム】
第638回 【準決勝展望】いよいよ選抜準決勝!見所を解説!【大会展望・総括コラム】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第450回 京都翔英高等学校 石原 彪選手「自慢の強肩とフルスイングでファンを魅了する強打の捕手になっていきたい」 【2016年インタビュー】
第314回 北海道日本ハムファイターズ 西川 遥輝選手「根拠あるプレーを魅せるための準備力」 【2015年インタビュー】
京都翔英 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
春季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る