2015年05月23日 北九州市民球場

東海大菅生vs九州国際大付

2015年 練習試合(交流試合)・春 平成27年度招待野球福岡
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

東海大菅生・羽生が強力・九州国際大付打線を2失点に抑え完投勝利!

2失点完投勝利の羽生優太(東海大菅生)

 毎年、福岡県は5月下旬~6月上旬にかけて招待試合が行うが、今回は東海大菅生英明と選抜出場校を招いた。今回は北九州市民球場の2試合を追った。第1試合、東海大菅生春の九州大会ベスト4の福岡国際大付と対戦した。

  試合は、4回表、東海大菅生は二死二塁から4番勝俣 翔貴(3年)が低めの変化球を捉え中前適時打で1点を先制。さらに5回表、6番小磯 和貴(3年)の二塁打を放ち、7番本橋の犠打は失敗に終わったが、8番齋藤 駿汰(3年)の右前安打で一死一、三塁のチャンスを作り、9番羽生 優太(3年)の内野ゴロの間に2点目。5回裏、九州国際大付は一死満塁から敵失で1点を返すが、7回表、東海大菅生が8番齋藤のスクイズで、3対1にすると、8回表にも、5番伊藤 壮汰(2年)の適時打で4対1と差を広げる。

 投げては羽生が好投。8回裏に内野ゴロで1点を失ったが、2失点完投勝利を見せた。羽生は秋から勝俣に続く投手として投げていた右腕で、内外角へのコントロール、直球、変化球が使い分けが上手い投手である。

 以前と比べると投球フォームが変わった。テイクバックがコンパクトになり、出所を隠すことを意識したフォームになっている。この日は常時120キロ後半~133キロの直球、スライダー、カーブを両サイド、低めに投げ分け、強打の九州国際大付打線を2失点に抑えた投球は見事であった。

 この春から勝俣以外の投手を育てることをテーマに置いている東海大菅生。羽生も、積極的に起用されてきた。九州国際大付打線を見る限り、東京都の学校よりもスイングが鋭い。甘く入れば一発を打たれる怖さもある。

 そういう打線に対しても丁寧な投球ができれば、抑えられたのは大きく自信になったに違いない。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 東海大菅生vs九州国際大付(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
国士館、早稲田実業がベスト4へ!準々決勝の2試合を徹底レポート!【東京大会】 【ニュース - 高校野球関連】
国士舘vs東海大菅生【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早実・国士館が勝ち上がり、ベスト4進出を決める!【春季東京都大会・21日】 【ニュース - 高校野球関連】
第644回 21日開幕!注目カード多数の九州大会!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs錦城学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東海大菅生vs世田谷学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東海大菅生vs東海大高輪台【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
日大二vs東海大菅生【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第627回 今年の東京一次予選は東海大菅生、東亜学園が登場!注目ブロック、見どころを解説!【大会展望・総括コラム】
第645回 片山 昂星(東海大菅生)「神宮、そして甲子園を揺るがすスラッガーへ」 【2018年インタビュー】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第638回 田中幹也(東海大菅生)「美技の数々は積極的な姿勢と計算尽くされたポジショニングによって生まれた」 【2018年インタビュー】
第458回 東海大菅生(東京)実戦守備のノックで「心、技術、野球脳」の三拍子を鍛える【野球部訪問】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離! 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
九州国際大付 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る