2015年05月09日 鹿児島県立鴨池野球場

大島vs海星

2015年 練習試合(交流試合)・春 第45回南日本招待高校野球
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

「イメージ通りの試合ができた」大島

完封勝利を挙げた大島エース・前山優樹

 大島が3度目の招待野球で嬉しい初白星を手にした。
6回までの短縮試合で本物の白星とはいえないが「イメージ通りの試合ができた」(渡邉恵尋監督)のは大きな収穫だった。

 一昨年の広陵(広島)、昨年の横浜(神奈川)と対戦する前は「どんな試合になるのか、正直予測がつかなかった」(渡邉監督)。
勢いに乗って打ち勝つことで結果は残してきたが、全国クラスの強豪を相手に「勝ちパターン」をイメージできるほどの、実力も経験もなかった。

 この2年間、昨春のセンバツをはじめ県大会の準決勝(試合レポート)、九州大会試合レポート)、招待野球と場数を踏んだことで「経験値」は上がった。現チームは、今までのような打線の爆発力はないが、エース前山 優樹(3年)に失点を計算できる力があり、守備も堅い。投手を中心にした守備からリズムを作り、少ない好機をものにして接戦を勝ち抜く。

 甲子園常連校の海星が相手でも「勝つとしたらそのパターン」と渡邉監督は事前にイメージできた。
2回に8番・宮原勇斗(3年)のセンター前タイムリーで挙げた先制点を、前山が海星打線に二塁を踏ませない力投で完封。まさに「予測と結果が一致した」(渡邉監督)好ゲームだった。

 この日の前山は圧巻だった。午前中の雨で試合開始が伸び、試合があるかどうかもはっきりしないまま長時間待たされたが、前山は「こんなことは今までも何度もあったので、気にならなかった」。
大型連休中の沖縄遠征の疲れもあって「ボールは走っていなかった」が、身体が開かないことなどを注意して、1球ごとに修正しながら、丁寧な投球を心掛けた。

 変化球でカウントを稼いで直球で仕留める。夏に勝つための「理想」に掲げた投球ができたのも自信になった。
「夏はこの投球がもっと正確にできるようになることが課題」と前山。渡邉監督は「この試合を九回までできたら本物だ」と更なる期待を寄せていた。

(文=政 純一郎

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鶴丸vs大島【鹿児島県 2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
大島vs川内商工【鹿児島県 2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
文教大付vs大島海洋国際・三鷹中等教育【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
樟南vs大島【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
大島vs松陽【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
第531回 【長崎展望】「激戦度は例年以上!初戦から好カード続出!」【大会展望・総括コラム】
シード校、初戦の好カード多し! 地に足つけた実力問われる!【鹿児島展望】 【ニュース - コラム】
第517回 【鹿児島展望】シード校、初戦の好カード多し! 地に足つけた実力問われる!【大会展望・総括コラム】
いなべ総合、菰野など三重県北部の有力校を徹底紹介! 【ニュース - コラム】
第511回 【三重展望】津田学園、いなべ総合、菰野など北部の有力校を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第35回 清峰が悲願達成したが、伝統の海星に長崎日大、波佐見、佐世保実が追う(長崎県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第44回 【3年ぶり17回目】海星高等学校(長崎) 【第96回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
大島 【高校別データ】
海星 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る