2014年10月15日 長崎県営野球場(ビッグNスタジアム)

日本文理vs聖光学院

2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

高橋竜大が好投!エース飯塚を温存し、日本文理が準決勝進出!

【好投を見せる高橋竜大(日本文理)】

 国体の戦いを振り返ると日本文理は、飯塚 悟史(3年)以外の投手が活躍を見せていることが大きい。
大阪桐蔭戦(試合レポート)では藤田 優平(3年)が好投を見せたが、この試合では高橋 竜大(3年)が好投を見せた。

 高椅は右横手から投げ込む球速は120キロ台だが、常にボールを動かす投手。動かしながら打たせて取る投球は3年間かけて磨きをかけてきた。手元で揺れ動く球に聖光学院打線は打ちあぐねる。

 4回まで接戦だったが、試合が動いたのは5回裏。日本文理は一死二、三塁のチャンスから9番高橋が中前適時打を放ち、1点を先制。さらに星 兼太(2年)が適時打で2対0、二死二、三塁から小太刀 緒飛(3年)が左中間を破る適時三塁打を放ち、2点を追加し、4対0とする。

 高橋は6回表に聖光学院安田 光希(3年)に適時打を打たれたが、7回1失点に抑える好投。
7回裏、4番池田 貴将(3年)が高校通算21号となる3ランなどで4点を挙げ、8対1と大きく突き放すと、8回から池田が登板。中学以来の登板となったが、常時130キロ前半の押す投球で、2イニングを無失点に抑え、準決勝進出を決めた。

 大井監督は、
「高橋はなかなか登板機会がない中、飯塚の隣についてよくサポートしていたし、こういう舞台で投げさせてあげたかった。今日の好投は彼にとって良い思い出になったと思うよ」
指揮官の親心が見えるコメントだった。選手、指揮官ともに最後の舞台で、楽しんで野球が出来ていると話す。

 夏、たどり着けなかった全国制覇へ向け残り2勝。準決勝は機動破壊を掲げる健大高崎(群馬)との勝負に挑む。

(文=河嶋 宗一

第69回国民体育大会~長崎がんばらんば国体2014~
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第100回新潟大会の組み合わせ決定!春の県大会優勝の日本文理の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
東北との熱戦を制した聖光学院が6年ぶりのV!【春季東北大会・11日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs加茂暁星【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第56回 歳内 宏明【後編】「深い想い」を胸に、復活のマウンドへ【恩師が語るヒーローの高校時代】
日本文理vs新津南【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第55回 歳内 宏明【前編】「他者評価に変わった」魂のエース【恩師が語るヒーローの高校時代】
第643回 県2強日本文理・中越に続くチームの存在【大会展望・総括コラム】
第480回 日本文理【後編】悩み、学び、考える新潟の長い冬【野球部訪問】
第479回 日本文理【前編】大井イズムの継承、日本文理新チーム始動【野球部訪問】
東海大相模vs聖光学院【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第615回 星 歩志(聖光学院)「唯一の猛打賞!頼れる6番打者へ成長したイメージ力」 【2017年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第439回 聖光学院高等学校  鈴木駿輔選手 「大学野球でも二刀流として活躍を目指す」 【2016年インタビュー】
聖光学院 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
第69回国民体育大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

聖光学院今度こそ!!ぱるるん 2014.10.14
夏のリベンジ!!がんばれ聖光学院!!
日本文理目指せ❗️みみこ 2014.10.14
優勝しかない❗️
次もがんばって( ´ ▽ ` )ノ
日本文理あきらめない心池田楓斗 2014.10.14
2009年の甲子園決勝を見ていて僕もあきらめない心をつかめました❗6点差からの1点差までになるとはとても思いませんでした

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る