2014年06月08日 富山市民球場アルペンスタジアム

富山商vs小松大谷

2014年春の大会 第130回(平成26年度春季)北信越地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

大型左腕・森田駿哉、尻上がりに調子を上げ、11奪三振完投勝利!

 

森田投手(富山商)

 今年の富山県で最も注目を浴びている投手が富山商森田 駿哉(3年)である。
183センチの長身からコンスタントに140キロを計測する左腕で、彼を見るために多くのスカウトが集まり、評判通りの快投を見せてくれた。
立ち上がり、リズムに乗り切れず、制球を乱し2回裏に二死一、二塁のピンチを招く。ここで捕手の富川 征哉(3年)はマウンドに駆け寄って「森田も、自分も緊張していて、上がっていたところがあったので、とにかく落ち着こう」と間をとり、この回を無失点で切り抜ける。

 ピンチを切り抜けた直後の3回表、富山商は森田が安打で出塁すると、犠打などで三塁まで進み、3番坂本 潤一朗(3年)の左中間を破る二塁打で、1点を先制する。

 ピンチを切り抜けたことで、緊張がほぐれてきたか、森田は尻上がりに調子を上げていく。4回裏に6番村田 直樹(3年)を三振に奪ってからは奪三振ラッシュ。5回はアウト3つを全て三振、6回も三振1個、7回には三者連続三振を三振ラッシュを始めた4回三アウト目から8奪三振。

 試合後半から今大会屈指左腕に相応しい投球を披露してくれた。森田は速球、変化球のキレ、制球力、クイックとすべてにおいてハイレベルな投手。投球フォームは開きが抑えられ、テークバックも小さく取りながら、スムーズな旋回からシャープに腕が振れる投手で、140キロ前後(最速143キロ)のストレートが内外角にコントロール良く決まった。ストレート、100キロ台のカーブで追い込んで、打者の手元で鋭く落ちる120キロ台のスライダーで三振を量産した。投球術だけではなく、森田はクイックも1.1秒~1.2秒を計測し、速いクイックができている。

 またマウンド上での感情の起伏が小さく、エラーが出ても苛立ちを見せることはなく、笑顔でナインに声をかけており、精神的にも落ち着いている。

 ドラフト候補に挙がる大型左腕・田嶋 大樹佐野日大)のような145キロ前後を連発するような爆発力はないが、常に80点~90点の投球が出来て、ゲームメイクが出来る。プロ、大学、社会人など高いレベルで活躍するには不可欠な要素である。

【次のページ】 富山商vs小松大谷(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
金沢が6年ぶり6回目の優勝!【石川県1年生大会・5日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
本日、決勝戦・小松大谷vs金沢が開催!【石川県1年生大会・4日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
富山商vs金沢学院【2017年秋の大会 第137回北信越地区高校野球大会(平成29年度秋季)】
第52回 因縁の対決を制した星稜。負けず劣らず深い因縁の戦いを乗り越えてきたチームあり!【夏の大会特集2016】
第24回 お久しぶりです!甲子園に再びあのチームが帰ってくる!12地区決勝戦すべてプレイバック!【夏の大会特集2016】
第374回 富山第一、高岡商の二強を追う学校は?今年も実力伯仲!【富山大会抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第368回 今年は星稜や遊学館だけではない。公立にも人材が集結!【石川抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第9回 富山と高岡の商業校対決の構図に、私学の第一対決の新構図(富山県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
敦賀気比vs富山商【2015年秋の大会 第133回(平成27年度秋季)北信越地区高等学校野球大会】
松本第一vs富山商【2015年春の大会 第132回北信越地区高等学校野球大会】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
日本文理vs富山商【第96回全国高校野球選手権大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
富山商vs関西【第96回全国高校野球選手権大会】
小松大谷 【高校別データ】
富山商 【高校別データ】
春季北信越地区大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る