2014年06月01日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

大阪桐蔭vs報徳学園

2014年春の大会 平成26年度春季近畿地区高等学校野球大会 決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

春の戦いを終え、夏へ‼

 

気合十分の投球でゲームを立て直した
田中和馬(報徳学園)

 報徳学園が点を取っては、直後に大阪桐蔭が点を取り返す。そんな展開で前半は進んだ。

 勝負に大きく関わったのが、3回裏に大阪桐蔭が取った6点だ。一死から3番香月一也(3年)がヒットで出塁すると、報徳学園の先発・主島 大虎(1年)が、三連続死球を与えてしまい、2対2の同点となった。さらに7番森 晋之介(3年)がライトへ2点タイムリー、8番福田 光輝(2年)も左中間へ三塁打を放ち、一気に5点が入った。報徳学園の永田裕治監督はここで主島から、背番号10の田中 和馬(3年)へと継投をする決断をした。

 この後、大阪桐蔭の9番田中 誠也(2年)にタイムリーが出てこのイニング6点目が入ったが、報徳学園の田中は何とか切り抜けて、ベンチに戻った。
「主島を少し引っ張り過ぎたかな」と話す永田監督だが、全て変化球で与えてしまった三連続死球については「攻めた結果。仕方がない」と1年生左腕をかばった。

 県大会で2試合に先発し、好投を見せていた主島にとっては、初めて経験する悔しいマウンド。降板後はベンチの一番前で大きな声を出していたのが印象的だった。

 さて、勝負の上でこの6点は確かに大きいのだが、報徳学園にとっては初回の1点の方が与えてはいけない失点だったように思える。1年生がマウンドに上がる中、内野手二人のエラーでピンチを背負い、大阪桐蔭の4番正隋優弥(3年)にタイムリー二塁打を浴びた場面だ。永田監督は、「なんでもない内野ゴロなんですけどね」と振り返る。この日はベンチスタートとなった主将の福原 雄大(3年)も、「(1年生の)ピッチャーが攻めているのに、野手がエラーをしてしまって」と、このエラーが痛かったという心境を話した。

 実は主島の攻めのピッチングに、大阪桐蔭サイドも戸惑いを見せていた。1回の打席でビックリしたような表情で見逃し三振に倒れた峯本 匠(3年)は、「1年生なのに、根性強く投げてきた」と主島のイキの良さを感じているようだった。それだけに、立ち上がりにエラーから失点ということがなければ、また違ったゲーム展開になったのかもしれない。

 それでも、3回途中からマウンドに上がった報徳学園の田中は、気合十分のピッチングでゲームを立て直した。特に表の攻撃で本塁打が出た直後の5回と6回のマウンドでは、大阪桐蔭打線を三者凡退に打ち取っている。エースの中村 誠(3年)が2試合を完投し、この日は後輩の主島が先発。この春に成長した姿を見せたい田中にとっては悔しさもあったのだろうが、ようやく訪れた登板機会で、見事なピッチングを見せた。これには永田監督も、「3年生と1年生の違いですね」と目を細めた。

【次のページ】 大阪桐蔭vs報徳学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第140回 藤原恭大、小園海斗を中心に見逃せない枚方ボーイズ出身の逸材たち【ドラフト特集】
藤原恭大、小園海斗を中心に見逃せない枚方ボーイズ出身の逸材たち 【ニュース - コラム】
来夏記念大会の地区割が決定!花咲徳栄、横浜、大阪桐蔭はどこに区分されるのか? 【ニュース - 高校野球関連】
第139回 野村大樹、中川卓也、増田陸の大阪福島シニアトリオに注目!高校野球をリードする存在となるか??【ドラフト特集】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第608回 明治神宮野球大会総括・連日1万人越えの神宮大会!10チームの収穫と課題【大会展望・総括コラム】
創成館vs大阪桐蔭【2017年 第48回明治神宮野球大会】
大阪桐蔭vs駒大苫小牧【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第613回 宮﨑仁斗(大阪桐蔭)「大阪桐蔭の2番打者は小さくまとまらず全力で振り、全力で走る!」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近江【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近大附【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第601回 笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」 【2017年インタビュー】
第572回 三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」 【2017年インタビュー】
第569回 小園海斗(報徳学園) 「世界が認める高打率のショートストップへ」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
春季近畿地区大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

報徳学園報徳お疲れ様!たかやん 2014.06.04
強豪の大阪桐蔭相手にすごい戦いをしてくれました。
この試合をバネにして夏甲子園に来てください!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る