2014年06月01日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

大阪桐蔭vs報徳学園

2014年春の大会 平成26年度春季近畿地区高等学校野球大会 決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

春の戦いを終え、夏へ‼

 

気合十分の投球でゲームを立て直した
田中和馬(報徳学園)

 報徳学園が点を取っては、直後に大阪桐蔭が点を取り返す。そんな展開で前半は進んだ。

 勝負に大きく関わったのが、3回裏に大阪桐蔭が取った6点だ。一死から3番香月一也(3年)がヒットで出塁すると、報徳学園の先発・主島 大虎(1年)が、三連続死球を与えてしまい、2対2の同点となった。さらに7番森 晋之介(3年)がライトへ2点タイムリー、8番福田 光輝(2年)も左中間へ三塁打を放ち、一気に5点が入った。報徳学園の永田裕治監督はここで主島から、背番号10の田中 和馬(3年)へと継投をする決断をした。

 この後、大阪桐蔭の9番田中 誠也(2年)にタイムリーが出てこのイニング6点目が入ったが、報徳学園の田中は何とか切り抜けて、ベンチに戻った。
「主島を少し引っ張り過ぎたかな」と話す永田監督だが、全て変化球で与えてしまった三連続死球については「攻めた結果。仕方がない」と1年生左腕をかばった。

 県大会で2試合に先発し、好投を見せていた主島にとっては、初めて経験する悔しいマウンド。降板後はベンチの一番前で大きな声を出していたのが印象的だった。

 さて、勝負の上でこの6点は確かに大きいのだが、報徳学園にとっては初回の1点の方が与えてはいけない失点だったように思える。1年生がマウンドに上がる中、内野手二人のエラーでピンチを背負い、大阪桐蔭の4番正隋優弥(3年)にタイムリー二塁打を浴びた場面だ。永田監督は、「なんでもない内野ゴロなんですけどね」と振り返る。この日はベンチスタートとなった主将の福原 雄大(3年)も、「(1年生の)ピッチャーが攻めているのに、野手がエラーをしてしまって」と、このエラーが痛かったという心境を話した。

 実は主島の攻めのピッチングに、大阪桐蔭サイドも戸惑いを見せていた。1回の打席でビックリしたような表情で見逃し三振に倒れた峯本 匠(3年)は、「1年生なのに、根性強く投げてきた」と主島のイキの良さを感じているようだった。それだけに、立ち上がりにエラーから失点ということがなければ、また違ったゲーム展開になったのかもしれない。

 それでも、3回途中からマウンドに上がった報徳学園の田中は、気合十分のピッチングでゲームを立て直した。特に表の攻撃で本塁打が出た直後の5回と6回のマウンドでは、大阪桐蔭打線を三者凡退に打ち取っている。エースの中村 誠(3年)が2試合を完投し、この日は後輩の主島が先発。この春に成長した姿を見せたい田中にとっては悔しさもあったのだろうが、ようやく訪れた登板機会で、見事なピッチングを見せた。これには永田監督も、「3年生と1年生の違いですね」と目を細めた。

【次のページ】 大阪桐蔭vs報徳学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春夏連覇目指す大阪桐蔭が始動!大阪桐蔭vs四條畷の一戦を徹底レポート【北大阪大会】 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs四條畷【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
大阪桐蔭コールド発進!根尾昂は4打数3安打!【北大阪大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第12回 大阪桐蔭、春夏連覇へ始動。夏を戦う20人の戦士たち【100回記念大会特集】
第509回 個性派集団をまとめた五常の徳。激戦区・東兵庫を制し甲子園へ 滝川第二(兵庫)【野球部訪問】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第729回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第713回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs大手前高松【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
春季近畿地区大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

報徳学園報徳お疲れ様!たかやん 2014.06.04
強豪の大阪桐蔭相手にすごい戦いをしてくれました。
この試合をバネにして夏甲子園に来てください!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る