2014年03月22日 阪神甲子園球場

駒大苫小牧vs創成館

第86回選抜高等学校野球大会 大会2日目第1試合 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

今年から適用された投手規則改正を考察!

 勝った駒大苫小牧・佐々木孝介監督の言葉。「2点目がすごく大きくて、(しかも)押し出しだったので、ウチにリズムがきたなという感じでした」
 敗れた創成館のエース・廣渡 勇樹(3年)の言葉。「押し出しで2点目を与えたのが悔しい。長打を警戒しすぎて、際どいコースがボールになってしまった」

 勝者と敗者は、試合のポイントについて同じ部分を挙げた。
 駒大苫小牧が3回に先制した後に挙げた、次の1点。ここが勝負の分かれ目となった。その裏側に、今年から適用された、投手の規則改正が見え隠れする。今回はここを考察してみたい。

 まず、伏線がいくつか存在する。
 3回裏、駒大苫小牧は一死から9番伊藤 大海(2年)がセンターオーバーの三塁打を放った。これがこの試合のチーム初安打。立ち上がりに打ちあぐねていた創成館・廣渡の球を、駒大苫小牧の先発投手だった伊藤大が打ち返した所から、試合が動いた。
 続く1番伊藤 優希(3年)が、レフト前へ弾き返し、駒大苫小牧が先取点を奪った。

 第一の伏線はここからである。塁に出た伊藤優は、大きくリードを取りながら、マウンドの廣渡の投球モーションを観察した。打席の2番酒井 隆輔(3年)の2球目。「常に狙っていました」という伊藤優が盗塁を成功させた。

 酒井はファーストフライに倒れ、二死となって、3番安田 大将(2年)の打席となる。
 二塁走者となった伊藤優が、再び廣渡のモーションを観察していた。2ボールからの3球目。「ピッチャーのクセを見つけた」と、自信を持って三盗を敢行。感づいた廣渡とキャッチャー・大田 圭輔(2年)が、外角高めへ外したにも関わらず、楽々と三塁ベースを陥れた。「高めに外れた真っ直ぐだったのに、セーフになれてうれしかった」と、してやったりの気持ちを語った伊藤優。さらに、「三盗を決めて、ピッチャーが落ち込んでいるように見えた」と感じた通り、マウンドの廣渡は、打席の安田に四球を与えてしまった。

 駒大苫小牧に流れたリズム。しかも三塁走者・伊藤優、一塁走者・安田という、何を仕掛けてもおかしくないという状況が出来あがって、勝負の瞬間を迎える。

【次のページ】 駒大苫小牧vs創成館(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年の中国地区も熱い!夏に向けて要注目の選手、フェアプレー精神溢れる球児に注目! 【ニュース - コラム】
第708回 3度目の正直で優勝旗を掴んだ広島新庄!春季中国大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第100回長崎大会の組み合わせ決定!選抜ベスト8の創成館の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第653回 今年も九州大会は人材豊富だった!夏へ向けて楽しみな逸材を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
創成館vs文徳【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
第481回 創成館(長崎)「1日1日」を大事にセンバツ初勝利を目指したレギュラー陣の座談会!【野球部訪問】
第644回 21日開幕!注目カード多数の九州大会!【大会展望・総括コラム】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs創成館【第90回記念選抜高等学校野球大会】
創成館vs智辯学園【第90回記念選抜高等学校野球大会】
國學院栃木vs延岡学園【第90回記念選抜高等学校野球大会】
創成館vs下関国際【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第617回 峯 圭汰(創成館)「ノーステップ打法で、好投手を撃破!神宮枠を絶対に持ち帰りたい」 【2017年インタビュー】
第611回 川原陸(創成館)「長崎の大型左腕、待望の全国デビュー」 【2017年インタビュー】
第132回 東北楽天ゴールデンイーグルス 田中将大選手 【2013年インタビュー】
第93回 東芝 林 裕也選手 【2012年インタビュー】
駒大苫小牧 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
第86回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

創成館全力疾走渚 2014.03.20
相手がどうであれ勝て!
駒大苫小牧あの感動をもう一度こへ 2014.03.14
エースの菊地君を特に応援してます。
また北海道に優勝旗を持って帰ってきてください。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る