2013年10月03日 八王子市民球場

修徳対大阪桐蔭

2013年 第68回国民体育大会スポーツ祭東京2013 決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

【本塁打を打つ森友哉(大阪桐蔭)】

壮絶な打撃戦!お互い力を発揮し、喜びの両校優勝!

迎えた決勝戦。
お互いが自慢の打撃力を発揮する試合展開となった。まず打線が爆発したのほ大阪桐蔭だった。

1番峯本 匠(2年)は四球、2番高木 俊希は左前安打。レフトの打球処理ミスの間に峯本が生還。高木は三塁へ、なおも無死三塁から3番森 友哉(3年)は二ゴロで三塁走者が1点を生還。4番近田 拓矢(3年)は直球を捉えて左中間を破る長打。5番香月 一也(2年)も右前安打で一死一、三塁。6番笠松は右飛で、二死三塁。7番福森 大翔(3年)の適時打で1点を追加し、8番水谷は左前適時打でさらに1点を追加し、4対0。いきなり4点を先制する。4回表、二死満塁のチャンスを作り、5番香月の左前適時打で2点を追加し、6対0。ここまで大阪桐蔭の圧倒的なリード。だが、修徳サイドはそれほど慌てていなかった。
「投手が点を取られて先制されるのは想定内でしたので、後半戦に持ち込もうと思いました」(修徳・阿保暢彦監督)
阿保監督の言葉通り、5回裏、修徳大阪桐蔭の右サイド・葛川 知哉(3年)に襲い掛かる。

まず先頭の7番根本 将吾(3年)が直球を打ち返し、中前安打。ボークで無死二塁。一死となって9番桜井 政利(2年)が中前安打を放ち、一死一、三塁のチャンス。1番小沢 昌彦(3年)が直球を打ち返し、中前安打。1点を返し、2番森田も140キロの直球を右前安打で一死満塁。ここで3番飯野 周太(3年)。
「140キロを投げるサイドスローでなれるのに時間がかかった。何とか食らいつくつもりで打ちにいきました」
と捉えた打球は左中間を破る三塁打に。一気に走者が生還し、6対4の2点差に迫る!主将の一打に「チーム全体が行ける、ムードがよくなりました」
主将の言葉通り、4番山下も二塁頭上を越える安打を放ち、三塁走者・飯野が生還し、6対5の1点差に迫る。修徳の粘りに球場は大盛り上がりの展開に。後半戦に入った。


【次のページ】 修徳対大阪桐蔭(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立の強豪、好投手対決!都立小山台、転がす打球で紅葉川・小山を攻略!5試合を徹底レポート【東東京大会】 【ニュース - 高校野球関連】
関東一、修徳がベスト16入り【選手権東西東京大会・18日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
修徳vs淑徳巣鴨【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
大阪桐蔭vs四條畷【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
修徳vs芝浦工大附【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第12回 大阪桐蔭、春夏連覇へ始動。夏を戦う20人の戦士たち【100回記念大会特集】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第729回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
修徳vs岩倉【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第705回 本命不在の参加校数最多の東東京を制するチームは!【大会展望・総括コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第713回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
修徳 【高校別データ】
第68回国民体育大会 【大会別データ】

応援メッセージ (7)

大阪桐蔭今更ですが…祐希 2013.10.15
優勝おめでとうございます!
修徳投・投・投・打・打・打スコアおばさん 2013.10.05
国民体育大会 優勝おめでとうございます!!
前橋育英に勝利して、ダブルヘッダーで大阪桐蔭に同点優勝。
2試合で3人の投手登板と、個性あふれる打線。
最後の最後まで、修徳らしい野球を見ることができて幸せでした。
修徳優勝おめでとう卒業生 2013.10.04
修徳ナイン、硬式野球部の皆さん、監督、コーチの皆様
優勝おめでとうございます。
同日に2試合で、大阪桐蔭から10点を奪ったのは、あっぱれです。
夏の甲子園、今回の国体と卒業生として誇りです。
本当におめでとうございます。またお疲れ様でした。
素晴らしいです。沢山の勇気をありがとう!!
卒業生として、社会で活躍します。
大阪桐蔭ヾ(@⌒ー⌒@)ノさき 2013.10.04
おめでとう❤︎
何故予備日がない!秀 2013.10.03
軟式野球の都合も有ると思いますが、準決勝と決勝を同日にやるとは…選手が気の毒で頭にきます。せめて明日 決勝を行って欲しかったです。
最後までがんばれ!ファン1号 2013.10.03
大阪桐蔭のみなさん。最後までがんばってください!
悔いのない試合になれますように。応援してます
皆で日本盛り上げよう野球大好きじいちゃん 2013.10.01
野球小年たちよ悔いのない試合をしよう。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る