選手名鑑

山田 英紀 (市立和歌山商)

応援メッセージを投稿する!
山田 英紀

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません
※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信で info@hb-nippon.com のご指定をお願いします。

山田 英紀

都道府県:
和歌山
高校:
市立和歌山商
学年:
2014年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
73kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
市立和歌山の主戦エース。初戦敗退したとはいえ、筋が良い右の本格派投手。大学からでもブレークが期待出来る逸材だろう。

(投球内容)
右オーバーから投げ込む直球は常時130キロ~135キロほどは投げ込んでおり、最速140キロ近くは投げ込んでいるだろう。綺麗な回転がかかったストレートで、さらに速くなっていきそうな予感をさせるストレート。変化球はスライダー、カーブ。

右打者には外角中心にスライダー、カーブを中心に投げ分け投球を組み立ていく。

左打者にはストレートを内外角へ投げ分け、高めの釣り球を使ったり、低めのコントロールも安定している。スライダー、カーブのコントロールも安定しており、緩急も使え、投球の幅は広い。球速的に物足りなさはあるかもしれないが、高校生としては十分な投球ができる投手ではないだろうか。

クイックは1.2秒前後のクイック。牽制はそれほど入れないが、フィールディングの動きを見ると鍛えられており、投球以外の技術も鍛えられており、さすが名門校のエースである。
(投球フォーム)

セットポジションから始動し、右足を高く上げていき、左足はやや棒立ち気味で、軸足の体重が乗りにくい形に見える。左足をショート方向へ伸ばしていきながら、着地する。踏み込んだ左足がやや開き気味で、それによって左肩の開きも早い。出所はそれほど見にくい投手ではないだろう。グラブはしっかりと左胸に抱えることができており、体のブレを防ぐ。彼が両サイドの投げ分けができているのも、左肩の使い方がうまいからであろう。

内回りの旋回をしていきながら、トップをつくる。そこからリリーフに入る。打者寄りのリリース。体に近い軌道でリリース出来ており、リリースポイントは比較的安定しているといえるだろう。最後のフィニッシュでも踏み込んだ足がぐっと体重が乗っており、フィニッシュを終えることができている。

 大きな欠点はそれほど見当たらない。土台がしっかりしているので、肉付けしていけば、自然と球速は速くなっていくだろう。
将来の可能性
筋が良く、素直にトレーニングで肉付けを行い、さらに投手としての総合力を高めていけば、いずれはドラフト、あるいは社会人でも続けていけるだけの技量、伸びしろは備わっている。ぜひ次の舞台では成長した姿を見たいと思う。
情報提供・文:2013.11.15 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板