選手名鑑

鷲﨑 淳 (創成館)

応援メッセージを投稿する!
鷲﨑 淳

鷲﨑 淳

都道府県:
長崎
高校:
創成館
学年:
2016年卒
ポジション:
投手・左翼手
投打:
左/左
身長:
178cm
体重:
84kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 昨春の選抜では、背番号1をつけていましたが登板がなし。夏には背番号7をつけており、投球を確認することは出来ませんでした。将来性では、やはり打者としての評価が高い選手のようです。

(第一印象)

 雰囲気的には、元ベイスターズの 古木 克明選手に似ています。特にレフト方向に流すあたりが、非常に伸びてゆくのが特徴。

(守備・走塁面)

 一塁までの塁間は4.35秒ぐらいと、けして左打者としては速くありません。実際に盗塁を試みることもなく、足でアピールということはなさそう。

 左翼手としての、打球の判断・キャッチングはもうひとつという印象を受けました。返球もそれほど強いものは観られず、投手としても130キロぐらいらしいので、強肩というほどではないのかもしれません。

 守備・走塁でのアピールは少なく、打撃で勝負といったタイプだと思われます。
 
(打撃内容)

 高めの球を上から被せるように叩いたり、レフト方向に大きなフライが伸びて行くなどの特徴があります。すでに旧チームから、4番を任されていました。
 
<構え> ☆☆☆

 軽くクローズスタンスで構えるように、意識はセンターからレフト方向にあるのではないのでしょうか。グリップの高さは平均的で、腰は深く据わっていますが、全体のバランス・両目で前を見据える姿勢などは並。
 
<始動> 遅すぎ

 選抜の頃は始動が遅すぎることはなかったのですが、夏の大会ではリリース直前に動き出すなど更に遅くなっていました。ここまで遅いと、どうしても打てる球が限られてしまいます。
 
<下半身> ☆☆☆

 ほんの少しだけ足を浮かし、真っ直ぐ踏み出してきます。始動~着地までの「間」がないので、どうしても打てるタイミングは点になります。こうなると狙い球を絞り、その球を逃さないことが求められます。真っ直ぐ踏み出すということは、内角でも外角の球でも捌きたいという幅広い意志の現れ。踏み込んだ足元は少し動くのですが、カカトは地面を捉えていてロスは最小限に抑えることが出来ています。これにより、体の開きやパワーロスを少なめに。

<上半身> ☆☆☆☆

 打撃の準備である「トップ」の形は、特に自然体で無理は感じません。バットの振り出しにもロスはないのですが、けしてインサイドアウトで振りぬくタイプではありません。あくまでも大きな弧を描き、フォロースルーを活かしてボールを運びます。特にバットの先端であるヘッドが下がらないので、高めの球でも上から被せるようにして叩くことができます。
 
<軸> ☆☆☆☆
 
 足の上げ下げが殆どないので、目線が上下に動きません。体の開きもなんとか我慢出来ていますし、内モモの筋肉にも強さが感じられ、強打者の片鱗が伺えます。
将来の可能性
 守備・走塁の低さが、将来に暗い陰を落とします。しかしながら将来スラッガーになれる可能性を秘めている選手であり、2015年度の長崎を代表する強打者であるのは間違いないでしょう。守備・走力は破綻のないレベルにしつつ、いかに自慢の打撃でアピールしてゆくのか。その成長を、今後も見守ってゆきたいと思います。
情報提供・文:2015.01.05 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
健大高崎vs創成館【第97回全国高等学校野球選手権大会】
創成館vs天理【第97回全国高等学校野球選手権大会】
沖縄尚学vs創成館【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】
創成館vs東福岡【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】
創成館vs文徳【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】
創成館vs糸満【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】
駒大苫小牧vs創成館【第86回選抜高等学校野球大会】
北山vs創成館【2013年春の大会 第132回(平成25年度春季)九州地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板