close
選手名鑑

田中 彪 (愛工大名電)

応援メッセージを投稿する!
田中 彪

田中 彪

都道府県:
愛知
高校:
愛工大名電
学年:
2012年卒
ポジション:
一塁手
投打:
左/左
身長:
183cm
体重:
80kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 2011年度の愛工大名電のNO,1打者は田中 彪といえよう。決勝戦まで当たりはなかったが、至学館戦で放った先制ツーランは彼らしいライナー性のホームランであった。軸がぶれず、最短距離で振り抜く打撃は愛工大名電の打者の中では抜きん出るものがあった。卒業後は法政大学でプレーする。

(打撃)
 決勝戦では先制ホームランを含む3安打を打つ活躍。軸がぶれない安定感のある打撃フォーム。比較的早く木製バットに順応出来る巧打者ではないだろうか。

 スタンスはスクエアスタンス。グリップは肩の位置に置いて背筋を伸ばして構えている。投手の足が着地する寸前に始動を仕掛けていき、足を小さく上げて真っ直ぐ踏み込むスタイル。始動の仕掛けは遅いが、トップの動きは思った以上に深く取っていることが分かった。

 スイング軌道が綺麗で、ややアッパー気味の軌道だが、インパクトまでスムーズに振り抜くことが出来ており、ムラがない。彼はボールを叩くのではなく、運んで飛ばしていく選手だ。芯で捉えた打球の時は一伸びする。決勝戦のホームランは良い角度で入った素晴らしい打撃であった。その後の打席もセンター前ヒット、レフト前ヒットと猛打賞を記録した。ヒットを打った打撃フォームの安定感は随一。滅茶ぶりで振りに行ったものではなく、軸がぶれない安定したフォームで打ち返すことが出来ている。

 推薦合格した法政大学の合格者の中でも打撃のポテンシャルは随一ではないだろうか。法政大にとっては楽しみな打者が入ったといえる。

(守備・走塁)

 この試合では特に守備面の見どころがなかった。レフトを守っていることを考えると守備力、肩力はそれほど高くないレベルにあるのだろう。走力も走り方自体は良いのだが、バントで4.10秒前後はあまり速くない。彼のような中距離打者が、足、守備で売りにするレベルにないとプロ入りの道は狭まってくる。
将来の可能性
 決勝戦まで彼にしては低い打率2割台だったようだが、最後は3安打を打ち、3割に乗せた。やはり軸がぶれない打撃フォームの完成度は相変わらずだった。木製バットでは早い段階に対応できそうで、1年からオープン戦で起用されることも多くなりそうだ。

 左の中距離打者タイプはハードルが高くなっていくが、大学4年間でしっかりと自分の形づくりを行い、学年が上がるにつれて高い水準の成績を残していきたい。そして守備・走塁も鍛えて、マルチで活躍出来る選手になった時にプロ入りが切り開かれるだろう。個人的には高い評価をしている選手なので、これからの4年間に注目していきたい。
情報提供・文:2011.12.23 河嶋 宗一
【関連記事】
至学館vs愛工大名電【愛知県 2011年夏の大会 第93回愛知大会】
至学館vs愛工大名電【愛知県 2011年夏の大会 第93回愛知大会】
愛工大名電vs東邦【愛知県 2011年夏の大会 第93回愛知大会】
愛工大名電vs富田【愛知県 2011年春季大会一次予選】
大垣日大vs愛工大名電【2010年秋の大会 第63回東海地区高校野球大会】
愛工大名電vs磐田東【2010年秋の大会 第63回東海地区高校野球大会】
愛工大名電vs愛知【愛知県 2010年秋の大会 秋季愛知県大会】
東邦vs愛工大名電【愛知県 2010年夏の大会 第92回愛知大会】

コメントを投稿する

選手名鑑トップへ戻る 高校別ページトップへ戻る

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板