選手名鑑

黒木 優太 (橘学苑)

応援メッセージを投稿する!
黒木 優太

黒木 優太pro2012

都道府県:
神奈川
高校:
橘学苑
学年:
2013年卒
ポジション:
投手
投打:
右/左
身長:
180cm
体重:
75kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
夏前まで全く無名だったが、この夏最速146キロを計測して話題になった本格派右腕。鋭い腕の振りから投じる常時140キロ台のストレート、スライダー、フォークと高い水準に達しており、次のステージでの活躍が楽しみな投手だ。

(投球内容)
右スリークォーターから投じる直球は常時140キロ前後を計測。強烈な腕の振りを見ると145,6キロの直球を投げられるのも頷ける。将来的には150キロ前後に到達する可能性を秘めている。生で見た時は非常に勢いのあるストレートを投げているように見える。ただ上手く体重が乗っていないのか。改めて映像を振りかえるとそれほどボールが来ていないように見える。それを見ると物足りなさを感じる。東海大相模の打者が粘って球数を増やす事が出来ていたのは、空振りを奪えるほどのストレートではなかった。打者の目線通りに捉える事が出来て、球速・球威が落ちていけば、捉えやすいストレートになってしまう。

変化球はスライダー・カットボール・フォークボールの3球種。スライダーは打者の手元で鋭く曲がっており、東海大相模の打者も手を焼いており、上のステージでも決め球になる変化球。さらにクリーンナップ限定で、フォークを使っていたが、このフォークも中々の落差があり、空振りを奪う事が出来ていた。個人的には速球の早さよりも変化球のキレ味の鋭さの方が目を惹いた。

クイックは1.1秒前後と高速クイックが出来ており、フィールディングの動きも悪くない。投球以外の技術は意識して、鍛えているのが伝わってきた。
(投球フォーム)
 ノーワインドアップから始動し、左足を回しこむように上げていき、右足の膝を適度に曲げてバランス良く立つ。左足を三塁方向へ伸ばしていいながら重心を少しずつ下げていき、着地する。

 前足を上手く送りこんでいきながら、ゆったりと接地することが出来ている。左腕のグラブを高々と掲げて、左胸に引き込んでいき、テークバックは内回りの回旋をしていき、トップを作る。肘はしっかりと上げる事が出来ており、上半身の使い方は綺麗だ。そして角度良く振り下ろしていくが、腕の振りに無理はなく、鋭く振り下ろす事が出来ている。ただ後ろに重心がかかりすぎて、前足に体重が乗っていない。腕の振りが素晴らしいのに、思うようなストレートが投げられていないのは体重移動で前足で体重が乗っていないのが考えられる。
将来の可能性
 神奈川県内でこんな投手がいるんだと驚いた投手。速球のスピード、変化球のキレ、コントロール、クイックの速さ。技術的に高度な投手で、あまり知名度のない学校の速球投手にありがちな速球は飛びぬけて速いけど、それ以外が駄目という投手ではなかった。まだ課題は多いが、上のステージでの活躍が実に楽しみな投手。是非3,4年後にはドラフト候補として取り上げられる投手に育っていくか、今後も注目を続けたい投手だ。
情報提供・文:2012.08.07 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東海大相模vs橘学苑【神奈川県 2012年夏の大会 第94回選手権神奈川大会】
橘学苑vs神奈川大附【神奈川県 2012年夏の大会 第94回選手権神奈川大会】
百合丘vs橘学苑【神奈川県 2010年夏の大会 第92回神奈川大会】
横浜創学館vs橘学苑【神奈川県 2010年春の大会 春季神奈川県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板