選手名鑑

安西 拓人 (堀越)

応援メッセージを投稿する!
安西 拓人

安西 拓人

都道府県:
東京
高校:
堀越
学年:
2014年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
180cm
体重:
68kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 まだまだ線は細いのですが、スラッとした投手体型が目を惹きます。その体型だけでなく、身のこなしにも筋の良さがあり、素材としては非常に魅力的。

(第一印象)

 フォームの滑らかさ、腕の振りの良さが目を惹きます。まだボールに球威は感じませんが、キレのある球を投げられるので三振を多く奪えます。

(投球内容)

 球速は、120キロ台後半~135キロぐらいと、球威・球速は物足りません。ただボールにキレがあり、打者にはそれ以上に感じられるはず。特に腕の振りが良いので、速球とスライダーの区別がつかず、スライダーで空振りを狙えるところが大きいです。他にも、カーブやチェンジアップ系の球種も使ってきます。今後の課題は、三振と同じぐらいの四死球を出すコントロール。細かい投球術や本当の制球力がないのが、今後の大きな課題ではないのでしょうか。

<長所>

 最大の魅力は、腕の振りを生かした上半身の使い方と柔らかさ。お尻も三塁側に落とせるので(左投手の場合)、着地までの時間を稼げるようになれば、更にいろいろな変化球を無理なく投げられるようになるでしょう。

 グラブを最後まで抱えられているので、両サイドの投げ分けはできます。腕も体に絡んで来るような柔らかさと球持ちの良さもあります。上体の振りが強い選手によくみられる、体から遠回りに腕が外旋しブンと振るという荒っぽいフォームではありません。

<課題>

 最大の課題は、下半身の使い方。着地までの粘りがないので、ボールに体重が乗せられないだけでなく、打者からもタイミングが合わされやすい傾向にあります。

 足の甲で深く地面を押し付けられないので、重心が沈まずボールが上吊りやすいのが気になります。
将来の可能性
 肉体的にも技術的にも発展途上の選手ですが、その柔らかい身のこなしには惚れ惚れする素材の良さがあります。高校の間に素質爆発とは行かないと思いますが、卒業後も地道に成長を続けて行きそうな予感。しっかりした環境で、自分を高めて行く努力を重ねれれば、将来大きく化けることが期待できます。素材的な魅力という意味では、この春見た投球の選手では一番だったのではないのでしょうか。今後も、期待して見守ってゆきたい選手でした。
情報提供・文:2013.04.12 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
堀越vs都立高島【東京都 2013年夏の大会 第95回選手権東東京大会】
堀越vs都立荒川工【東京都 2013年春の大会 春季大会 一次予選】
國学院久我山vs堀越【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権西東京大会】
日大鶴ヶ丘vs堀越【東京都 2012年春の大会 春季大会 本大会】
堀越vs正則学園【東京都 2012年春の大会 春季大会 本大会】
都立小平vs堀越【東京都 2011年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
日大三vs堀越【東京都 2011年夏の大会 第93回東西東京大会】
堀越vs都立府中工【東京都 2011年夏の大会 第93回東西東京大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板