選手名鑑

北村 拓己 (星稜)

応援メッセージを投稿する!
北村 拓己

北村 拓己

都道府県:
石川
高校:
星稜
学年:
2014年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
78kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 一年生から活躍する選手でしたが、夏の石川予選では 打率.176厘と低迷。しかし甲子園では、緒戦の鳴門高校戦で破れたものの、2安打を放ち存在感を示しました。

(第一印象)

 石川予選では、結果を求めたのか?無理に引っ張る打球が目立ちました。 右方向へも打てる選手だけ、そのへんはもったいない気が致します。

(守備・走塁面)

 一塁までの塁間を、4.4秒前後(左打者換算で4.15秒前後に相当)で走り抜けるなど、基準以上の脚力があります。ただ石川予選の5試合では1盗塁と、それほど足でガンガンアピールするスタイルではなさそう。

 遊撃手としては、少しフットワークに重苦しさがありますし、スローイングも雑に見える部分もあります。それでもキャッチングなどは安定しており、地肩も基準以上の強さがあります。上のレベルでショートを担えるかは微妙ですが、肩・走力のポテンシャルは基準以上。

(打撃フォーム)

<構え> ☆☆☆

 軽くクロス気味に立ち、グリップは高めに添えます。背筋を伸ばしていますが、両目で前を見据える姿勢や全体のバランスとしては平均的でしょうか。

<始動> 遅めの始動

 早めにつま先立ちして、本格的に動き出すのは投手の重心が前に移動する段階。これは「遅めの始動」で、ボールを引きつけて叩く長距離打者に多く見られる打ち方です。彼の打撃スタイルを考えると、始動全体を更に早めても好いように思います。

<下半身> ☆☆☆

 始動~着地までの「間」は短いので、あらかじめ狙い球を絞って逃さない打撃が求めれます。軽くベース側に踏み込みますが、足元はけしてブレません。そういった意味では、外角の球をセンターから右方向におっつけられるはずなのに、そこから無理に引っ張ることが多いので引っ掛けてしまいます。これは、技術的な問題よりも意識の部分ではないのでしょうか。

<上半身> ☆☆☆

 早めに打撃の準備である「トップ」を作るので、速い球にも立ち遅れません。バットの振り出しは少し遠回り、腰も速く開いて逃げてしまいます。元来は、引っ張って巻き込みたいタイプなのがわかります。それでもバットの先端であるヘッドは下がらないので、ドアスイングになることなく振り抜けます。

<軸> ☆☆☆☆

 足の上げ下げは小さいので、目線は大きく動きません。体の開きも我慢できていますし、軸足も大きくは崩れません。軸を起点に、綺麗に回転できています。
将来の可能性
 秘めたるポテンシャルは高そうで、まだまだ伸びて行けるのではないのでしょうか。本人の意識次第では、更にその可能性を広げて行くことが可能でしょう。有力大学などに進んで野球を続けて行くと思いますので、その中で生き残る術を身につけて欲しいですね。卒業する頃には、大型内野手としてドラフト候補になっていることを期待します。
情報提供・文:2013.09.11 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
鳴門vs星稜【第95回全国高校野球選手権記念大会】
富山第一vs星稜【2013年春の大会 第128回(平成25年度春季)北信越地区高等学校野球大会】
上田西vs星稜【2012年秋の大会 第127回(平成24年度秋季)北信越地区高校野球大会】
日本文理vs星稜【2012年春の大会 第126回(平成24年度春季)北信越地区高校野球大会】
金沢vs星稜【石川県 2011年夏の大会 第93回石川大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板