選手名鑑

高山 竜太朗 (鹿児島工)

応援メッセージを投稿する!
高山 竜太朗

高山 竜太朗

都道府県:
鹿児島
高校:
鹿児島工
学年:
2013年卒
ポジション:
捕手
投打:
右/右
身長:
184cm
体重:
78kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 強肩・強打を活かしたプレーで、2012年度の鹿児島を代表する大型捕手として注目されています。

(第一印象)

 まだ攻守に荒削りで、持ち得る潜在能力を充分生かしているとはいえません。しかしそれだけ可能性があるわけで、今後の意識・指導次第では、まだまだ伸びて行ける素材ではないのでしょうか。

(ディフェンス面)

 ミットを投手にシッカリ示すのですが、そのグラブを下げてしまうことがあります。そのため低めの球への対応などが遅れたりキャッチングなどは、あまり関心致しません。スローイングは、塁間2.05秒前後。ドラフト候補としては際立つものはありませんが、地肩は結構強そうです。まだ捕ってから投げるまでの動作にキレがないので、その辺が改善されてくると、コントロールも好いだけに楽しみです。リードや相手のペースなった時の間のとり方など、まだまだ経験が必要といった感じは受けました。素材としては悪くありませんが、技術的には発展途上です。

(打撃内容)

 少しクローズ気味に構え、グリップも体の近くに添えて構える癖のあるフォームです。また始動のりリース直前と遅く、一定レベル以上の球速・キレのある球に対する対応が懸念されます。

<長所>

 真っ直ぐ踏み出した足元がブレず、開きが我慢できているのが好いところ。腰が早く逃げるのですが、足元がブレないので、開きをある程度のところで抑えられます。

 あらかじめ、打撃の準備である「トップ」を作ることで、始動の遅さを補います。軸足が大きく崩れないので、軸足を起点に綺麗に腰の回転で巻き込めます。

<課題>

 始動~着地までの「間」が短いので、打てるタイミングが限られます。そのため狙い球が外れると、すぐに対処することができません。すなわち脆かったり、粗かったりする打者の多くが、こういった「間」が取れない打者の特徴です。

 スイングの軌道が、肘が下がって遠回りに出てきます。それでも開きを抑えることで、ドアスイングまでにはなっていません。ただボールを捉えるのにはロスがあるので、率は残りにくいといえるでしょう。
将来の可能性
 肩も強いですし、上手くタイミングがあって巻き込めれば長打も期待できます。ただそういったポテンシャルは感じますが、攻守に粗さが目立ちます。そういった意味では、かなり時間がかかりそうな素材であり、大学などで好い指導者などに恵まれることが求められそうです。また本人も、かなり志しを高く持って取り組まないと、このまま素材型で終わってしまうことも否定できません。今後も、少し長い目で見守ってみたい大型捕手でした。
情報提供・文:2012.04.14 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
神村学園vs鹿児島工【鹿児島県 2012年夏の大会 第94回選手権鹿児島大会】
鹿児島工vs明桜館【鹿児島県 2012年夏の大会 第94回選手権鹿児島大会】
神村学園vs鹿児島工【鹿児島県 2012年第54回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿児島工vs鹿屋中央【鹿児島県 2012年春の大会 第130回九州地区高校野球鹿児島大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板