選手名鑑

松井 惇 (東海大菅生)

応援メッセージを投稿する!
松井 惇

松井 惇

都道府県:
東京
高校:
東海大菅生
学年:
3年
ポジション:
右翼手
投打:
右/左
身長:
178cm
体重:
70kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 今年の東海大菅生は全体的に能力が高い選手が揃うが、将来的には大化けが期待できる大型外野手。178センチ70キロと均整がとれた体格。シュアで、パンチ力のある打撃、走塁、守備力の高さとすべてにおいて高水準の逸材だ。これほど選手が2番に座っているのだから恐ろしいチームである。3年生マネージャー・鈴木雅也によると、片山昂星に次ぐ本塁打数だという。バントをしない2番打者として注目してほしい。

(打撃)

 構えはスクエアスタンス。グリップを肩の位置に置いて背筋を伸ばしてバランス良く構えることができている。もともと3番を打っていた選手だが、松井が2番らしくないと感じるのは始動に入ってからの打撃フォームである。

 投手の足が下りたところから始動を仕掛けていき、すり足気味に足を上げていきながら、タイミングを測り、トップを形成。そこから弧を描くようなスイング軌道。そして腰を鋭く回転させることができており、打球に角度をつけるのが非常に上手い、日大二戦の本塁打も、インコースのスライダーに対し、左ひじをたたみ、ボールを手元まで呼び込んで、前に大きいスイングをしたスイングであった。西東京大会の打撃については、打つ形が良く、ボールの見極め、幅広いコースに対応することができていた。

(守備・走塁)

 一歩目の反応は非常に良く、打球に到達するのが速い。球際も強く、後方へ打球にも強い。肩の強さを見ると、標準以上の肩の強さがあり、外野手としての能力は高い。

 走塁は塁間タイム4.25秒前後と標準タイム。だが、一塁からベースランニングを見ると非常に速く、相手の隙をつく走塁が絶妙。早稲田実業を破ることができたのは、松井の勇気ある決断とベースランニングもあったと思う。
将来の可能性
 東海大菅生の選手は能力が高い選手が多いが、その中でも松井はとびぬけている選手。高卒プロという選手ではないが、身体能力は高く、遠くへ飛ばすツボを持っているので、4年後にはドラフト候補として注目される可能性を持った選手ではないだろうか。
情報提供・文:2017.08.01 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
広陵vs東海大菅生【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
東海大菅生vs盛岡大附【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
東海大菅生vs三本松【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs東海大菅生【第99回全国高等学校野球選手権大会】
東海大菅生vs三本松【第99回全国高等学校野球選手権大会】
東海大菅生vs青森山田【第99回全国高等学校野球選手権大会】
東海大菅生vs青森山田【第99回全国高等学校野球選手権大会】
東海大菅生vs高岡商【第99回全国高等学校野球選手権大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
東海大菅生vs日大二【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板