選手名鑑

及川 雅貴 (横浜)

応援メッセージを投稿する!
及川 雅貴

及川 雅貴

都道府県:
神奈川
高校:
横浜
学年:
2年
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
182cm
体重:
74kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
コラムから抜粋

 5回裏からマウンドに登った及川。いきなり投球練習で見せる。今年から保土ヶ谷球場は電光掲示板が代わり、球速表示もされるようになった。いきなり及川は投球練習で143キロを計測。その後、144キロ、147キロとみるみるスピードアップし、投げるたびに球場を沸かせた。


及川はまず先頭打者の7番荒木 健太を高めの144キロのストレートで空振り三振。8番横田 嗣に対してはこの試合最速となる149キロのストレートで二ゴロに打ち取り、代打・伯耆原晃希に対しても三振に打ち取った。その後、140キロ台を計測し、及川は打者7人を投げ、4奪三振とほぼ完ぺきなピッチングを演出した。短いイニングとはいえ、ストレートはオール140キロ台。変化球は130キロを超える高速スライダーで曲がりも鋭く、また無四球と制球力の高さを示した。


 瞬く間に高校生を代表する本格派左腕へ躍り出た及川。成長のきっかけとなったのが昨秋の鎌倉学園戦だった。先発マウンドに登った及川だが、140キロ台を連発した昨夏の甲子園とはほど遠いピッチングだった。あれだけ自慢だったストレートが走らない。1回裏に5番中野雅大にストレートを思いきりはじき返され満塁本塁打を浴び、2.1回を投げて6失点。この時、ストレートは常時120キロ後半から135キロ程度で、最速は138キロ。制球にも苦しみ、高校に入って初めての屈辱を味わった。


 チームもコールド負け。敗戦の責任を痛感した及川は一冬で徹底的に肉体を鍛え上げたのだろう。マウンドに登る及川は、昨秋と比べても一段と体つきが逞しくなっていた。横浜創学館戦では球場のスピードガンでは常時140キロ~147キロを計測。そして筆者のスピードガンでも、140キロ~146キロを連発しており、昨秋と比べて平均球速が10キロ以上速くなっていたのである。



 また及川は投球フォームも良い。


 及川は走者がいない場面でもセットポジションから始動し、右足を胸の近くまで上げてバランスよく引き上げる。ヒップファーストから動く体重移動はスムーズで、テークバックの動きも内回りの旋回からトップを作り、リリースに入るまでの動きに無駄がなく、さらに打者よりで離せる球持ちの良さ。上半身と下半身の動きが連動しており、鋭く腕が振れる形となっている。183センチの大型ながらバランスよく体を使えた投球フォームとなっており、冬に蓄えたエネルギーをしっかりと発揮することができている。


 コールド負けから立ち上がった及川。今度は自身の左腕で、3年連続の夏の甲子園出場に導く。



近年、高校生左腕でドラフト1位指名を受けた投手は松井裕樹、小笠原慎之介、堀瑞輝、寺島成輝の4人がいるが、その4人の高校時代と比べても及川のほうが勢いあるストレートを投げているといえる。中学時代は番組の企画でプロ野球選手と対戦する機会があった及川。当時からキレと球威を兼ね備えた140キロ前後のストレートを投げていただけに、順調にパワーアップを遂げ、現時点でも高校生ナンバーワン左腕と呼べるだけの力量は有しているといえるだろう。

 あとはケガだけ。ぜひそれだけには気をつけて、世界クラスの左腕へ成長を遂げることを期待したい。

情報提供・文:2018.04.20 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
横浜vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
横浜vs土浦日大【2018年 練習試合(交流試合)・春】
木更津総合vs横浜【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
横浜vs明秀学園日立【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
横浜vs桐光学園【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs鎌倉学園【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs湘南学院【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs横浜創学館【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs松陽【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会地区予選】
鎌倉学園vs横浜【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板