選手名鑑

山田 智也 (多治見)

応援メッセージを投稿する!
山田 智也

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません
※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信で info@hb-nippon.com のご指定をお願いします。

山田 智也

都道府県:
岐阜
高校:
多治見
学年:
3年
ポジション:
捕手
投打:
右/左
身長:
171cm
体重:
63kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 捕手ながらチームの1番を務めるなど異色の存在ながら、高い身体能力を併せ持つチーム攻守の要。選抜ではヒットを放つことはなかったが、印象に残る選手だった。

(ディフェンス面)

 投手にミットを示し、そこから全くグラブを下げる動作が見られない。投手としては的が狂い難くて良いと思うが、常にミットの高さを保つために緊張状態で柔軟なグラブ捌きができるのかには疑問が残る。ミットを下げる必要はないが、少し一度力を緩めてから捕球体制を作る方が良いのではないかと思うのだが・・・。

 捕ってから素早く送球できる選手で、うまくハマると1.9秒前後で到達。その反面、慌てて制球を乱すことも少なくないのかもしれない。地肩自体は、平均的な選手だという感じがする。

(打撃内容)

 一塁まで到達タイムは、左打席から3.9秒前後と非常に足が速い。だからこそ捕手をしながらもチームの核弾頭を担い、チーム一の盗塁数を誇っているのだろう。

<構え> ☆☆☆☆

 両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップを下げ気味に構えて力まないことを心がけている。腰の据わりがよく、全体のバランスもまずまず。両目で前を見据える姿勢は、並ぐらいだろうか。

<始動> 早すぎ

 投手の重心が下がる前から足を引き上げており、ここまで早く動き出しているとモーションによってタイミングを狂わされてしまう危険性がある。また追い込まれると逆に遅すぎるぐらい始動を遅らせ、ノーステップに切り替える。

<下半身> ☆☆☆

 足を早めに上げて長く空中でキープしながら、まっすぐ踏み出して来る。始動が速ければそれだけ速球でも変化球でも、スピードの変化に対応しやすい。また真っ直ぐ踏み出すことで、内角でも外角の球にも対応したいということだろう。気になるのは、踏み込んだ足元がブレてしまい、体の開きを充分に抑えられていないこと。こうなると外角に逃げてゆく球や低めの球に対し、対応するのが厳しくなる。

<上半身> ☆☆☆

 早めに打撃の準備である「トップ」に近い位置にグリップは引かれているものの、そこから更にバットを引くので実際は速い球に遅れがち。スイング軌道、上からミートポイントまでロスなく振り下ろすインサイドアウトを実践。インパクトの際にもバットの先端であるヘッドが立って、幅広くボールを捉えられるスイングになっている。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げは静かなので、目線の上下動は少なめ。体の開きが我慢できていないのは気になるが、軸足は地面から真っ直ぐ伸びて安定している。調子の波の少ない、安定した打撃が期待できるのでは?
将来に向けて
 動ける捕手という魅力があり、走力に非凡なものを持っている。ディフェンス・打撃に突出したものはないものの、筋は良いので将来は楽しみ。卒業後も、地方大学などで野球を続けて行ける選手ではないのだろうか。期待して、今後も見守ってゆきたい。
情報提供・文:2017.05.18 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
報徳学園vs多治見【第89回選抜高等学校野球大会】
至学館vs多治見【2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会】
多治見vs益田清風【岐阜県 2016年秋の大会 岐阜県秋季大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板