選手名鑑

翁田 大勢 (西脇工)

応援メッセージを投稿する!
翁田 大勢

翁田 大勢pro2017

都道府県:
兵庫
高校:
西脇工
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
86kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
コラムから抜粋(2017年4月22日)
 4月22日、明石トーカロ球場でNPB6球団のスカウトがこの男の投球を見るために集結した。その名は翁田 大勢西脇工のエースで4番としてチームを引っ張る存在だ。1回戦では東洋大姫路を無失点に抑える投球を見せた翁田。翁田は2013年夏、エースとして甲子園出場を導いた翁田 勝基投手の弟である。マウンドに立つと、恵まれた体格は一目で目に付く。スリークォーター気味のフォームから140キロ台とスライダーのコンビネーションで勝負する姿勢は兄・勝基とそっくり。ひとつ言えば、弟のほうが、平均球速は上というところだろう。

 その翁田の前に立ちふさがったのが選抜ベスト4の報徳学園打線だ。翁田は立ち上がりから140キロ台を連発し、評判通りのストレートを投げ込むが、しかし報徳学園打線はさすが140キロ台のストレートを投げるだけでは抑えられない。

 1番永山 裕真がセンター前ヒットを打つと、3番小園 海斗にも安打を打たれ、一死一、三塁のピンチ。だが4番篠原 翔太を併殺に打ち取ってなんとかピンチを切り抜けたものの、3回裏、一死一、二塁とピンチを迎え、4番篠原 翔太に右中間を破る適時三塁打を打たれ、5番片岡 心にも犠飛を打たれ、3失点を喫する。5回裏にも併殺崩れの間に1点を失う。さらに7回裏にも小園に三塁打を打たれ、4番篠原に142キロのストレートを右中間に打ち込まれ、6失点目。8回裏にも1点を失い、7失点とほろ苦い内容に終わった。

 だがそれでも魅力十分の投球を見せてくれた。この日、ストレートは140キロ台(最速143キロ)を20球ほど計測し、最速146キロ右腕という評判が嘘偽りないものであることを示してくれた。しかも最速143キロは、7回裏に計測したもの。終盤でも、140キロ台を計測するスタミナは脅威的である。現在、身体づくりが進んでいて、体格が良い投手が多くなったが、翁田のようなエンジンの大きさを持った高校生右腕は少ない。スカウトはそこを最大限に評価しているだろう。

 ただ課題は変化球、フォームの精度である。変化球は120キロ台のスライダーがあるが、報徳学園の対応をみるかぎり、それほど武器とはなっていない。絶対的な変化球を身に付けるべき。また投球フォームも体を沈み込んでから、捕手方向に向かって平面的な投げ方になるので、上背はあっても、開きが早くなりやすく、打者はタイミングを取りやすい。三振が少なかったのはそういう側面もあるだろう。とはいえ、常時140キロ台のストレートは威力十分で、6球団のスカウトが注目するだけのモノを見せてくれた。

 対応力は全国トップクラスの報徳学園に対することができたのは夏へ向けて良い勉強になったはずだ。
情報提供・文:2017.04.22 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
報徳学園vs西脇工【兵庫県 2017年春の大会 平成29年度春季兵庫県高校野球大会】
神戸国際大附vs西脇工【兵庫県 2016年夏の大会 第98回選手権兵庫大会】
西脇工vs柳学園【兵庫県 2016年夏の大会 第98回選手権兵庫大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板