選手名鑑

古谷 慎吾 (宇部鴻城)

応援メッセージを投稿する!
古谷 慎吾

古谷 慎吾

都道府県:
山口
高校:
宇部鴻城
学年:
3年
ポジション:
左翼手
投打:
右/右
身長:
168cm
体重:
68kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 パンチの効いた打撃で、突破口を開く核弾頭。神宮大会札幌第一戦(観戦レポート)では、二本の長打を放ち存在感を示しました。

(ここに注目!)

 ボールにバットをぶち当てるような、思いっきりの良いスイングに注目。

(守備・走塁面)

 三塁到達タイムが、11.4秒と俊足で、チームの核弾頭を担っている片鱗が見えました。その俊足を活かした守備範囲も、結構広く見えます。肩も素早く強く中継に返球できており、けして見劣りしません。守備勘が悪くキャッチングに難があるのかわかりませんが、この身体能力で左翼なのは、少し残念に思います。

(打撃内容)

 バットが体から外回りまわってきてブンと振って来るので、打球はセンターから右方向に伸びるタイプだと考えられます。

<構え> ☆☆☆☆

 前足を少しだけ引いて、グリップを高めに添えます。腰の据わり具合、全体のバランス、両目で前を見据える姿勢もまずまずで、何よりアゴを引いて打席での高い集中力を感じます。

<始動> 早め

 投手の重心が下る時に動き出す、早めのタイミング。典型的な確実性重視のアベレージヒッター。。一見粗っぽい打者に見えますが、対応力を重視しているのが伺えます。

<下半身> ☆☆☆☆

 足を早めに引き上げ回し込んで、真っ直ぐ踏み出します。始動~着地までの間が取れているので、速球でも変化球でもスピードの変化には対応しやすいはず。
 真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたいタイプ。踏み込んだ足元はブレないので、外に逃げてゆく球や低めの球にも食らいつくことができます。また、右方向への打撃にも無理がありません。

<上半身> ☆☆

 打撃の準備であるトップの形を作る時に、バットが引くのが遅れ気味になるのが気になります。こうなると速い投手の球に立ち後れないように、気をつけて欲しいところ。

 バットの振り出しは、体から離れて外回りにまわるドアスイング気味。それでもボールを捉えるときには、バットの先端であるヘッドを下げないで広い面でボールをインパクトできています。そのためタイミングさえ合えば、打ち損じが少ないスイングになります。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げはあるので、目線の上下動はそれなり。体の開きは我慢できており、軸足の安定感も平均的でしょうか。
将来に向けて
 体格に恵まれていないので、ドラフト候補になれるかには疑問が残ります。しかし持ち得る打撃能力は素晴らしく、センバツの舞台でもきっと活躍してくれるでしょう。甲子園で躍動する姿が、今から目に浮かぶようです。
情報提供・文:2016.11.22 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
札幌第一vs宇部鴻城【2016年 第47回明治神宮野球大会】
宇部鴻城vs市立呉【2016年秋の大会 第127回(平成28年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
宇部鴻城vs創志学園【2016年秋の大会 第127回(平成28年度秋季)中国地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板