選手名鑑

中尾 剛 (東海大菅生)

応援メッセージを投稿する!
中尾 剛

中尾 剛

都道府県:
東京
高校:
東海大菅生
学年:
3年
ポジション:
投手
身長:
 
体重:
 
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
 試合レポートから抜粋
 そして先発の中尾 剛が好投。前年から経験豊富な左腕だ。夏の甲子園ではベンチから外れ、秋の練習試合でも撃ち込まれることが多かったしかし。能力は低い投手ではない。左腕から130キロ後半の速球、切れ味鋭いスライダーも持ち合わせ、打っても打撃センスは高く、俊足とまさに野球センス抜群の逸材。その実力を発揮できない精神面が課題だった。そのため若林監督が下した決断は主将抜擢だった。

 中尾が主将に就任したのは、11月末。そこから東京都抽選会の2月26日まで務めた。主将を務めたことで、中尾は「周りが見られるようになりましたし、練習試合、公式戦でも落ち着いて入ることができます」と3月からの練習試合では好投を続けてきた。そして投球フォームを目を向け、これまでオーバースローだったが、スリークォーターに切り替えたことで、コントロールも、スライダーに安定感が出た。投球フォームを見ていてもコンパクトなテークバックからトップに入ったときにしっかりと肘を上げていき、体の近くで振り下ろすことができる実戦的なフォームである。

 立ち上がりから好投を続けた中尾。2回まで危なげなく抑えた中尾だが、ベンチから激が飛び、気合を入れた中尾は「全力で投げていきました」と、回転の良いストレートと横に鋭く曲がるスライダーのコンビネーションで奪三振ラッシュ。2回二死から5回二死まで9者連続三振と、圧巻のピッチング。5回を投げて、投球数60球、被安打1、11奪三振、無失点と抜群の内容を残した中尾だが、「三振をとれたのはよかったんですけど、あまりよくないボールでも三振になっているので、内容自体は良くないですし、ピッチングには納得いっていないです」と自己評価は厳しかった。

 若林監督は「主将をやったことで中尾も自覚が出てきましたね。彼の潜在能力からすればこれぐらいやってもらわないと困る投手。今後も続けてほしい」と普段から中尾に対して厳しく接する指揮官もこの試合のピッチングを大きく評価した。現時点の実力は、今年の東京都でも屈指の左腕だろう。身体能力も高く、素質自体は東海大菅生のOBでドラフト候補として注目される高橋 優貴(現・八戸学院大)に迫るものがある。伸びしろを大きく持った逸材として今後も見逃せない。


 しかし都大会では思うような投球ができていない。潜在能力は都内屈指なのだが…。今後の試合で変わった姿を見せることを期待したい。
情報提供・文:2018.04.09 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
国士舘vs東海大菅生【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東海大菅生vs錦城学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東海大菅生vs世田谷学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東海大菅生vs東海大高輪台【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
日大二vs東海大菅生【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東海大菅生vs穎明館【東京都 2018年春の大会 春季大会 一次予選】
広陵vs東海大菅生【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
東海大菅生vs盛岡大附【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
東海大菅生vs三本松【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
二松学舎大附vs東海大菅生【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
コメント (6)
やっと出た!2018.03.24 菅生大好き
春のブロック一回戦では141㌔
感想2018.03.14 記者
右打者のインコースの真っ直ぐは一級品
決め球にできるチェンジアップもある
課題なのはコントロール
ツーストライク前に甘い球が多くその球を打たれてしまうことが多い
それを直せばプロの下位指名も狙える
ブレイク中2017.04.11 菅生大好き
春の大会2回戦までで 9打数6安打
打撃2017.03.21 茨城県民
佐竹戦はあとはホームランでサイクル
本格派2017.03.21 野球大好き
日大山形戦では、137㌔
本格派投手2016.09.05 本格派投手
中学3年で135キロ

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板