選手名鑑

藤岡 雅俊 (桐蔭学園)

応援メッセージを投稿する!
藤岡 雅俊

藤岡 雅俊

都道府県:
神奈川
高校:
桐蔭学園
学年:
2012年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
173cm
体重:
70kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
また桐蔭学園からプロを狙える好投手が現れた。藤岡 雅俊。神奈川ファンに言わせれば広島入りした庄司 隼人を彷彿させる好投手のようだ。確かに鞭をしならせるような腕の振りとバランスの良いフォームは庄司と共通するところがある。今秋以降、神奈川屈指の好投手として取り上げられる可能性のある藤岡 雅俊を取り上げてみたい。
ストレートは横浜高校の偵察部員によると常時135キロ〜140キロを計測。他校の偵察部員が測っていたガンによると最速143キロを計測したそうだ。そのストレートは手元で伸びあがるもので、指がかかったときのストレートは分かっていても空振りしてしまう代物だ。変化球はスライダー、カーブ、フォークを投げる。変化球のキレ、コントロールは中々なものがあるが、あくまでストレートの見せ球。決め球はストレートで、10奪三振の殆どがストレート。高校レベルの段階ではストレートで空振りを奪える本格派右腕なのだ。ただ三振を狙いにいくだけではなく、両サイドに丁寧に投げ分けて、打たせて取る投球もできる。投球の完成度は非常に高いといえるだろう。ただ淡々と投げ込むタイプではなく、ここ一番では気持ちを込めて投げる投手であり、気合の入ったマウンド捌きも覗かせることもある。見ていて気持ちの良い投手だ。

そして伸びのある直球と抜群の制球力を生み出している投球フォームを分析していきたい。ランナーがいなくてもセットポジションから入る投手。ゆったりとリフトアップに入っていく。その後、ショート方向に足を伸ばしていきながら、着地していく。テークバックを取るときに左腕のグラブを三塁側に差し出しながら、左胸に抱え込んでいく。テークバックでトップに入ったとき、高い位置に持っていくことが出来ており、そこから腕を振り出していく。球持ちは良く、腕の振りが鋭いので、伸びのある直球を投げることができている。実に土台の良いフォームをしており、あとは左腕のグラブをもっと上手く使えるようになって、腕の振りが体に絡みつくぐらい腕を振れるようになるとボールはさらに速くなるだろう。
将来の可能性
 投手としての完成度は高校2年生の段階で群を抜いている投手ではないだろうか。怪我をせず、今の投球レベルを維持できれば、秋の段階では好投手として注目されるかもしれない。しかし、完成度の高い投手というのは、自分の持っているエンジンが大きくならない限り、伸びしろはそれほどないのかもしれない。あと1年で、体力的にも、技術的にも、伸ばすことができるか。特に体力面で大きく向上させて、パフォーマンスにつながられるかが高卒プロの鍵となってくるだろう。同学年の内海と切磋琢磨しあいながら、自分の資質を高めてもらいたい。
情報提供・文:2010.05.06 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
桐光学園vs桐蔭学園【神奈川県 2011年夏の大会 第93回神奈川大会】
慶応義塾vs桐蔭学園【神奈川県 2011年春の大会 春季神奈川県大会】
桐蔭学園vs横浜創学館【神奈川県 2011年春の大会 春季神奈川県大会】
平塚学園vs桐蔭学園【神奈川県 2010年秋の大会 秋季神奈川県大会】
桐蔭学園vs日大藤沢【神奈川県 2010年春の大会 春季神奈川県大会】
桐蔭学園vs 水戸桜ノ牧【2009年秋の大会 第62回関東地区高校野球大会】
東海大相模vs桐蔭学園【神奈川県 2009年秋の大会 秋季神奈川県大会 】
桐蔭学園vs鎌倉学園【神奈川県 2009年秋の大会 秋季神奈川県大会 】
桐蔭学園vs横浜商大【神奈川県 2009年秋の大会 秋季神奈川県大会 】
桐蔭学園vs旭【神奈川県 2009年秋の大会 秋季神奈川県大会 】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板