選手名鑑

大谷 拓海 (中央学院)

応援メッセージを投稿する!
大谷 拓海

大谷 拓海

都道府県:
千葉
高校:
中央学院
学年:
2年
ポジション:
投手・外野手
投打:
右/左
身長:
180cm
体重:
70kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
観戦レポートより抜粋(2016年10月22日
 中央学院を関東大会出場に導いた大谷 拓海

 まだ投打ともに未完成だが、将来的にプロ入りを目指せるパフォーマンスを見せたといっていい試合内容ではないだろうか。

 雰囲気、手足が長く、なで肩の投手体型。一目で逸材と分かる。1年春からライトとしてスタメン出場していたが、秋からエースとなった。投手・大谷だが、なかなか丁寧なピッチングを見せる投手だ。

 ノーワインドアップからゆったりと始動し、左足をまっすぐ上げていきながら、左腕のグラブを斜めに伸ばしていきながら、開きを抑えていき、大きくテークバックを取って投げ込む姿はまるで才木 浩人須磨翔風)に似たところがある。その才木と比べると、まだ体の線が細いことだろうか。180センチ70キロとまだ細く、まだ体からにじみ出るようなパワーはないが、それでも、120キロ後半~130キロ前半の速球は回転が良く、スライダー、チェンジアップ、カーブを低めを丁寧に投げ分けていた。

 市川打線の早打ちもあってリズムよく打たせて取る投球。内野ゴロ、外野フライを打たせてとったことに手ごたえをつかんでいったのか、だんだん低めに決まり、またバックの守備も盛り立てていった。

大谷は9回表二死まで無安打投球。結果的に安打を打たれ、無安打投球は途絶えてしまったが、この1安打に抑え、完封勝利を果たした。

 大谷だが、完成度もあり、体つきも、まだまだ華奢だが、それでも高校1年生右腕のパフォーマンスとしては合格点。比較対象として大学になって、145キロ前後の速球を投げるまでに成長した石井 聖太(中央学院大)と比較しても上で、これから高校3年まで10キロ~15キロ増量するつもりで体づくりをしていけば、別人のような速球投手へ成長する可能性は十二分に持っている。打撃もコンタクトする技術が高く、安定性のある打撃フォームから放たれる打球も速い。これで、また体つきが変わってくればより長打を打てるかもしれない。

 まだ肉体的にも技術的にも発展途上だが、やっていることはすごい大谷 拓海。完成した時、とてつもないパフォーマンスを見せるかもしれない。

情報提供・文:2016.10.22 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
拓大紅陵vs中央学院【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs習志野【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs松戸国際【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs中央学院【千葉県 2017年春の大会 千葉県大会】
作新学院vs中央学院【2016年秋の大会 第69回(平成28年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
中央学院vs市川【2016年秋の大会 第69回(平成28年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
東海大市原望洋vs中央学院【千葉県 2016年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs柏南【千葉県 2016年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs検見川【千葉県 2016年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs千葉経大附【千葉県 2016年秋の大会 千葉県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板