選手名鑑

種市 篤暉 (八戸工大一)

応援メッセージを投稿する!
種市 篤暉

種市 篤暉pro2016

都道府県:
青森
高校:
八戸工大一
学年:
2017年卒
ポジション:
投手・右翼手
投打:
右/右
身長:
183cm
体重:
80kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
観戦レポートより抜粋(2016年6月10日
 9回に登板した種市 篤暉はすさまじい投球を見せる。右オーバーから振り下ろす直球はコンスタントに143キロ~148キロを計測し、148キロを二度も計測。先頭打者に安打を許し、さらに味方の失策などで無死一、三塁のピンチを招く。だが1番溝井を自慢の剛速球でねじ伏せ、併殺。これで二死。2番金澤大和に対しては、ランナーがいないので、再び145キロ~148キロのストレートを投げて左飛。荒削りなところがあるとはいえ、今年の高校生右腕でこれほどの球速を投げる投手はそうはいない。130キロ前後のフォーク、120キロ後半のスライダーの曲りがまだまだだが、楽しみな逸材であることは間違いない。

 とにかく荒削りな印象が目につく投手だが、彼も古屋敷 匠真と同じく中学時代は軟式。「自分、130キロぐらいしか出なかったですよ。古屋敷の方がよっぽどすごいです」と語るが、古屋敷は別格の投手だとして、種市もなかなかの潜在能力の持ち主である。青森山田の主将・内山 昂思(3年)も軟式出身。青森県の中学軟式の選手のポテンシャルは、あまり話題になっていないが、凄まじいものがある。

 今では体重が64キロしかなかったようだが、徹底とした走り込み、さらに昨秋以降は徹底としたウエイトトレーニングによりビルドアップ。今年は右肩の違和感で一時、戦線から離脱していたが、復帰してからは、自己最速となる148キロである。あとは試合勘というところだろう。
情報提供・文:2016.06.10 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東陵vs八戸工大一【2016年春の大会 第63回(平成28年度春季)東北地区高等学校野球大会】
八戸工大一vs光南【2016年春の大会 第63回(平成28年度春季)東北地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板