選手名鑑

佐野 涼弥 (浦和学院)

応援メッセージを投稿する!
佐野 涼弥

佐野 涼弥

都道府県:
埼玉
高校:
浦和学院
学年:
2年
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
178cm
体重:
72kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 1年春からベンチ入りを果たし、130キロ後半の速球を投げ込んでいた左腕が、2年になり、浦和学院のエースへ成長した。
 秋の大会ではエースとして県大会優勝に導くと、春の県大会でもリードを許していた聖望学園戦の6回裏から登板すると、縦スライダーを武器に、4回無失点の好投。チームを逆転勝利に導いた。
 ストレートは常時130キロ前半~138キロを計測。角度があるストレートで球速表示以上と感じさせるストレートで、好調時は140キロ前半まで達することがあるようだ。

 そして佐野本人が決め球と語る「縦スライダー」。これは高校の先輩から教えてもらい、習得した球種である。打者の手元でぎゅっと曲がり始め一気に急降下するスライダーで、面白いように空振りが奪え、ここまでの埼玉県大会でも縦スライダーを軸に三振を量産。この春の県大会3回戦では16奪三振完封勝利を達成している。

 佐野が三振を奪える縦スライダーが投げられるのは、投球フォームに要因がある。佐野は、右足を高く上げてから、左足の膝を曲げてバランスを取り、その後、右足を一塁方向へ伸ばしながら、重心を少しずつ沈めていきながら、着地を行う。この後、テイクバックの動きを見ると、大きく取っていく。このとき、右胸を大きく張って、トップを作る。そこから真っ向から振り下ろす投球フォーム。佐野は縦の動きを意識して現在のフォームとなった。縦スライダーはほぼストレートと同じ腕の振りで投げるため、判別がしにくく、タイミングが取りにくいスライダーを投げることができているのだ。
 
 このフォーム、足上げから体重移動までのバランスが非常に取りにくいフォーム。目線の位置がぶれたり、右肩の開きが早くなったり、頭が突っ込みとリリースポイントがずれるだけではなく、左肩、左ひじへ負担もかかりやすい。佐野が素晴らしいのはバランス感覚の良さで、これほど縦回転のフォームでもバランス良く投げ終えることができる。
 現時点の総合力は埼玉県のみならず、全国的に見ても、トップクラス。このまま自分の器を大きくして、高卒プロを狙える左腕へ成長するか、注目していきたい。
情報提供・文:2017.05.05 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
浦和学院vs東海大相模【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
浦和学院vs日大三【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
浦和学院vs前橋育英【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
浦和学院vs横浜【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
浦和学院vs樟南【2017年 練習試合(交流試合)・春】
浦和学院vs神村学園【2017年 練習試合(交流試合)・春】
浦和学院vs池田【2017年 練習試合(交流試合)・春】
浦和学院vs花咲徳栄【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
浦和学院vs市立川越【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
浦和学院vs草加西【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
コメント (4)
春季関東大会がんばれ!!2017.05.07 英治
秋季のリベンジ・・・・お願いします!!
春季関東大会がんばれ!!2017.05.06 英治
秋のリベンジ、お願いします!!
秋季関東大会がんばれ!!2016.10.08 英治
地元宇都宮での凱旋登板期待しています!!
ファイト2016.09.29 陽向
涼弥がんばれ

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板