選手名鑑

本田 仁海 (星槎国際湘南)

応援メッセージを投稿する!
本田 仁海

本田 仁海pro2017

都道府県:
神奈川
高校:
星槎国際湘南
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/-
身長:
 
体重:
 
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
観戦レポートより抜粋(2017年4月30日
 プロ注目の本田 仁海は10失点を喫し、悔しいピッチングに終わった。なぜ本田が打ち込まれたのか。理由は2つある。まず平均球速が慶應義塾戦と比べて5キロ前後も遅かったこと。

 慶應義塾戦では、常時130キロ後半~140キロ前半と、当たり前のように140キロ台を計測することができていた。しかし今日の横浜戦は135キロ前後がほとんど。たまに140キロ超えが計測されたが、本田の持ち味である角度を兼ね備えたストレートは影を潜め、シュート回転するストレートが多く見られた。そうなると横浜打線は見逃さない。また外への配球が多く、インコースの揺さぶりも少なかったのも課題だろう。

 ただ仮に本田が常時140キロ台を出していたとしても、少ない失点で済んでいたのか?というとまだ不安がある。それは本田の変化球は横系統の変化球しかないことだ。

 本田の球種を振り返ると、110キロ~120キロのスライダー、100キロ台のカーブ、100キロ台のチェンジアップの3球種がある。スライダーの切れは悪くないが、本田の場合、ストレートの走り具合とスライダーの切れ具合が比例しており、今日はスライダーの曲がりも鈍く、さらに真ん中付近に入ることも多かったので、軽々とミートすることができていた。

 チェンジアップはそこまで大きく変化するものでもなく、ブレーキングするものでもない。打者からすれば大きな威力と感じない。

 夏へ向けての課題は、変化球の精度の向上だろう。落ちる変化球を身に付けたり、スライダーの速度を上げたりとするなど、変化球のレベルも超高校級のレベルにしていきたいところ。その上で、自慢のストレートがさらに速くなれば、神奈川県内でもそう簡単に打たれない投手となるはずだ。
情報提供・文:2017.04.30 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
星槎国際湘南vs上矢部【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
横浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
星槎国際湘南vs慶應義塾【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
星槎国際湘南vs川和【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
茅ケ崎西浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2016年夏の大会 第98回選手権神奈川大会】
日大高vs星槎国際湘南【神奈川県 2016年春の大会 神奈川県春季大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板