選手名鑑

扇谷 莉 (東邦)

応援メッセージを投稿する!
扇谷 莉

扇谷 莉

都道府県:
愛知
高校:
東邦
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
188cm
体重:
80kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 1年春から招待試合で登板を果たし、大きな期待をかけられていた大型右腕。2年秋はエース格として活躍を見せ、東海大会準優勝に導く存在となった。
 扇谷は右スリークォーターから投げ込む直球は常時130キロ後半~140キロ前半を計測。平均球速は2年秋の時点で速い投手で、188センチのサイズの大きさも評価して、ドラフト候補として注目するスカウトもいるだろう。そしてコントロールはまだ不安定なところがあり、自分が意図したところに投げられていない。当然課題はコントロールになるが、今の時期は細かいところへ投げ通すことよりは自分が投げられるコースに強いストレートを投げられる確率をしっかりと高めるだけでも、評価は高くなる。
 改善すべきは投球フォーム。一連の流れを説明すると、ノーワインドアップから始動し、左足を胸の近くまで引き上げていき、右足は一本足で立ち、バランスをとる。その後、遊撃方向へ足を伸ばしていきながら、着地する。ステップ幅を見ると股関節が固く、狭い。そのため捻りが少なく、縦移動の動きも小さい投球フォームとなる。このフォームはカーブ系は難しく、スライダー系、チェンジアップ系が中心となる。扇谷は勢いを与えたいために、体を前傾して、投げる傾向が見える。しかしこれでは体が突っ込みがちになり、さらにテークバック時に右肩が奥に入りすぎる傾向があり、体への負担も大きく、反動を使って投げるフォームとなっているため軸がぶれやすい。
 だが、140キロ以上の速球を投げられる時は、肩が入りすぎずにしっかりと胸を張って投げられることができているので、あまり前に突っ込むことを意識せず、胸の使い方を意識すれば、だいぶ変わる投手になるだろう。
 将来性について述べたい。東邦の本格派右腕では2年前のエース・藤嶋 健人との比較になるが、藤嶋と比べると投球の完成度はまだ低いが、上背もあり、奥行きもあり、投手としてピークにまだ達していないので、夏までにはドラフト上位クラスの投手へ成長する可能性は十二分に備わっている。
情報提供:2018.01.04
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東邦vs静岡【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
東邦vs愛知啓成【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会】
花巻東vs東邦【第90回記念選抜高等学校野球大会】
東邦vs桜丘【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
栄徳vs東邦【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
東邦vs豊田工【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
東邦vs東海大静岡翔洋【2017年春の大会 第64回春季東海地区高等学校野球大会】
東邦vs中京大中京【愛知県 2017年春の大会 春季愛知県大会】
東邦vs豊川【愛知県 2017年春の大会 春季愛知県大会】
広島新庄vs東邦【2016年 第71回国民体育大会 希望郷いわて国体2016】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板