選手名鑑

藤岡 雅俊 (桐蔭学園)

応援メッセージを投稿する!
藤岡 雅俊

藤岡 雅俊

都道府県:
神奈川
高校:
桐蔭学園
学年:
2012年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
173cm
体重:
70kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 上背はないものの、ガッチリした体格から140キロ台速球を連発するのが、この 藤岡 雅俊。2011年度の神奈川を代表する速球派投手として、全国での活躍が期待されている馬力溢れる逸材だ。

(投球内容)

 足の横幅をしっかり広げて、ノーワインドアップから投げ込んでくる。その速球は、コンスタントに140キロ台を記録し、夏の武相戦ではMAX145キロまで到達。力強いストレートで、延長戦を制した。ただボールの勢いや球威はあるのだが、高めに抜けてしまったり、シュート回転して中へ中へと入ってしまったりと、まだまだ自分のボールをしっかり制御できないところがある。変化球は、スライダー・フォーク、それに100キロ台で沈むパームのような独特の球を持っている。

 さすがに名門で培われたマウンド捌きは本物で、パッと緊張する場面でもマウンドを外して魅せたり、荒々しい投球とは裏腹に冷静な側面を魅せる。牽制も鋭く、ランナーをベースに釘付けに。クィックも 1.1秒台で投げ込むなど、投球以外の部分もしっかり鍛えられている。残念なのは、両サイドにはボールを散らせられるものの、高めに上吊ってしまう点。この部分を解消できれば、投球も劇的に変わって来るものと思われる。

(投球フォーム)

 引き上げた足を地面に向かって伸ばすので、見分けの難しい本物のカーブや縦に鋭く落ちる球種は修得し難い。それでもそういった球を実際の投球の中で多く織り交ぜて来る選手であり、少々無理のあるフォームであることは忘れてはならない。それでもある程度そういったことが実現できるのは、着地までの前へのステップが大きく、時間を稼ぐことができているからだ。

 グラブを内に抱えられないために、投球フォームが外に逃げようとする遠心力によって振り回されてしまっている。また足の甲で地面を深く押しつけるほど重心が沈んでいるわりにボールが浮いてしまうのは、膝小僧が地面に着いてしまうほど沈んでしまいスパイクのエッジを活かせていないのと、「球持ち」が浅くボールを押し込めないのが大きな要因なのだろう。この点を改善して行かないと、ボールを上手く制御して行くことは難しい。

 「着地」までの間が作れているものの、少し体の「開き」が早くボールが見やすい。腕の振りには無理は感じないが、振り下ろした腕が体に絡むような粘っこさがないのが残念。「体重移動」は、悪くないものの更に前にグッと乗せることが可能であり、ステップの位置や着地させる足にも工夫の余地がありそうだ。
将来の可能性
  投球自体は、ボールが暴れて荒っぽい。しかし高校生としては、A級の球威・球速がすでに備わっている。持ち得る野球センスも悪くないので、しっかりした技術を身につけられれば、まだまだ投球内容も変わって来るだろう。

 大学や社会人などで野球を続けて行ける素材であり、そのボールの勢いからも、比較的早い段階でチャンスをもらえる可能性は高い。しかしそこで結果を残すだけの、確かな実戦力が身につけられていないので、今後はその術を学んで行くことになりそうだ。体は大きくないものの馬力があり、近い将来ドラフト候補と成り得る可能性を秘めた選手。ぜひその成長を、今後も見守って行きたい。
情報提供・文:2011.07.28 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
桐光学園vs桐蔭学園【神奈川県 2011年夏の大会 第93回神奈川大会】
慶応義塾vs桐蔭学園【神奈川県 2011年春の大会 春季神奈川県大会】
桐蔭学園vs横浜創学館【神奈川県 2011年春の大会 春季神奈川県大会】
平塚学園vs桐蔭学園【神奈川県 2010年秋の大会 秋季神奈川県大会】
桐蔭学園vs日大藤沢【神奈川県 2010年春の大会 春季神奈川県大会】
桐蔭学園vs 水戸桜ノ牧【2009年秋の大会 第62回関東地区高校野球大会】
東海大相模vs桐蔭学園【神奈川県 2009年秋の大会 秋季神奈川県大会 】
桐蔭学園vs鎌倉学園【神奈川県 2009年秋の大会 秋季神奈川県大会 】
桐蔭学園vs横浜商大【神奈川県 2009年秋の大会 秋季神奈川県大会 】
桐蔭学園vs旭【神奈川県 2009年秋の大会 秋季神奈川県大会 】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板