選手名鑑

万波 中正 (横浜)

応援メッセージを投稿する!
万波 中正

万波 中正

都道府県:
神奈川
高校:
横浜
学年:
2年
ポジション:
右翼手
投打:
右/右
身長:
190cm
体重:
89kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 中学時代は、砲丸投げで都大会優勝の実績の持ち主。横浜高校入学時から注目されてきた大器で、コンゴ人の父と日本人の母のハーフという血筋を活かし、恵まれた身体能力を売りにしている。

(守備・走塁面)

 春季大会では190/89の体格ながら、1番打者を務める。一塁までの到達タイムは、右打席から4.3秒前後。これを左打者に換算すると、4.05秒前後に相当しドラフト候補としても俊足レベル。

 外野守備は守備範囲が狭いように見えるが、キャッチングでは大きなミスも見られない。特に投手として140キロ台を連発できる強肩であり、その点では際立っている。

(打撃内容)

 現状うまく捉えた打球は何処までも飛んでゆくが、打てる球が限られていて極めて脆い印象。

<構え> ☆☆☆

 両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップは高めに添えられた強打者スタイル。腰の据わり具合、両目で前を見据える姿勢、全体のバランスと並ぐらいで、少し固そうな印象を受ける。

<始動> 遅すぎ

 一度早めに足を動かしつま先立ちし、本格的に動き出すのはリリース直前という遅すぎるタイミング。ここまで遅いと、打撃に必要な動作を端折らないといけなくなり、極めて打てるポイントが限られてしまう。

<下半身> ☆☆☆

 足を地面から少しだけステップさせ、真っ直ぐ踏み出して来る。始動~着地までの「間」が取れないので、どうしても 点 でボールを捉えることになる。こうなると、よほど狙い球を逃さないで叩く打撃が求められる。

 真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたいタイプ。そして踏み込んだ足元は、インパクトの際にブレません。そのため逃げてゆく球や、低めの球には食らいつくことができます。

<上半身> ☆☆

 打撃の準備であるトップをきっちり作れないまま振り出すので、どうしてもスイングが消化不良になりがち。バットの振り出しも肘が下がって、インパクトまで遠回りで打ち損じが多くなってしまう。

 スイングの弧は非常に大きく取れ、フォロースルーも使えつつあるので、上手く捉えれば軽々スタンドまで運べる圧倒的なパワーを発揮する。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げは小さいので、目線の上下動は少なめ。身体の開きも我慢できているが、軸足の形が崩れがちで、安定した打撃が望めるかは疑問。
将来に向けて
 圧倒的な才能は、誰もが認めるところ。しかしそれを実戦で活かすための術に、まだまだ未熟なものが感じられる。そういった意味では、高校の間に形になるのかは微妙で、本格化するのは数年先かもしれない。いずれにしても破格の才能の持ち主なので、今後どうなるのか追いかけてゆきたい。
情報提供・文:2017.05.28 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
鎌倉学園vs横浜【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs弥栄【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
秀岳館vs横浜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
横浜vs桐光学園【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
横浜vs相洋【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
横浜vs藤沢翔陵【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
横浜vs南【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
浦和学院vs横浜【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
横浜vs土浦湖北【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
コメント (1)
原石2017.08.08 ☆☆
もっともっと磨いて~

甲子園で輝いて~

応援してます!!

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板