選手名鑑

三家 和真 (市立和歌山)

応援メッセージを投稿する!
三家 和真

三家 和真pro2011

都道府県:
和歌山
高校:
市立和歌山
学年:
2012年卒
ポジション:
外野手
投打:
右/両
身長:
180cm
体重:
76kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 1年夏からレギュラーとして活躍し、三拍子揃ったプレーヤーとして和歌山では注目されていました。また先日、プロ志望届けを提出した注目株です。

(守備・走塁面)

 中堅手としては、打球への反応、落下点への入り方、キャッチングなど安定しています。はっきりした送球は見られなかったのですが、返球の勢いを見る限り、評判どおりの地肩の強さもありそうです。こと守備に関しては、上のレベルでも充分通用するのではないのでしょうか。

 チームの3番打者を担う選手で、この試合では右打席での走力しかわかりませんでした。一塁までの到達タイムは、4.5秒強ぐらい。これを左打者に換算すると、4.2秒強ぐらいに相当し、ほぼプロの基準レベルです。しっかり振り出してから走り出すので、実際にはもう少し走力は早いのかもしれません。ただプロで足を売りにできるほどかと言われると、少々疑問です。

(打撃内容)

 右に左へと、幅広く打ち返す打撃ができる選手です。ただボールを引きつけてフォロースルーも生かせることを考えますと、中距離タイプに見えますが、打球は想像以上に飛ばせすタイプなのかもしれません。今後どのような打者になってゆくのか、個人的には大変興味があります。

<構え>

 スクエアスタンスで足を揃え、グリップを体の近くに添えます。腰の据わり具合や両目で前を見据える姿勢は、けして悪く有りません。ただ少し背中を後ろに傾け気味で、全体のバランスとしてはどうでしょうか?それでも打席では、非常にリラックスして構えられています。

<始動>

 かなりわかりにくいのですが、その始動は遅いタイミングで振り出されています。このタイミングでの始動は、通常長距離打者か生粋のニ番打者に見られます。彼の場合は、中距離タイプに見えるので始動を幾分早めるか、あえてこの始動で長距離タイプを目指すのか、方向性を決めた方が好いと思います。

<下半身>

 軽く足を地面から浮かし、まわし込んで踏み込んできます。足を上げてから降ろすまでの「間」が短いので、打てる球は限られます。またベース側にしっかり踏み込んで来るので、外の球も叩くことができます。ただ踏み込んだ足元が、インパクトの際にブレてしまい、開きが充分我慢できないのが課題です。

<上半身>

 あらかじめ「トップ」に近い位置にグリップを添えているので、速い球に立ち遅れる心配はありません。ただバットを振り出すときに、体から離れて振り出されており、ボールを捉えるまでにはロスを感じます。それでもフォロースルーまでバットを振りきれており、ボールを遠くに運ぶ後押しができています。

<軸>

 足の上げ下げが静かな割に、頭が動き目線が定まりません。また体の開きも我慢できませんが、軸足には安定感があります。その打撃を見る限り、かなり技術的には粗い印象があります。そのため上のレベルでは、その対応に苦労するかもしれません。
将来の可能性
 守備に関しては、上のレベルでも充分通用しそうです。また走力も、基準レベルの身体能力を兼ね備えます。ただ打撃に関しては、今回右打席のみの観戦であり、充分にその能力が把握できたわけではありません。とくにスイッチーヒッターの多くは、右打席は確実性はないが長打力がある。左打席は長打はないが、確実性が高いという傾向の選手が多いのも確かです。ですから右打席の長打力のある部分が、今回証明されただけかもしれません。実際左打席の彼を見ていないと、本当のところはわからないのではないのでしょうか。

 プロ志望届けも提出し、今後どのような進路をたどるのか大変注目されます。もしプロに指名されたら、今度はぜひ左打席での彼のプレーを確認できることを楽しみにしております。
情報提供・文:2011.09.21 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
市立和歌山vs田辺【和歌山県 2011年夏の大会 第93回和歌山大会】
市立和歌山vs有田中央【和歌山県 2011年春季大会 和歌山県大会】
紀央館vs市和歌山【和歌山県 2009年春の大会 県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板