選手名鑑

比屋根 彰人 (飛龍)

応援メッセージを投稿する!
比屋根 彰人

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません
※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信で info@hb-nippon.com のご指定をお願いします。

比屋根 彰人pro2017

都道府県:
静岡
高校:
飛龍
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
80kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 沖縄出身の選手で、1年生ながらMAX140キロのストレートに、打っては中軸を任される存在。秋の藤枝明誠高等学校戦では、本塁打を放つなど将来楽しみな大型選手。

(第一印象)

 小さめのテイクナックから、担いで投げるフォームながら、球威のあるボールが目を惹きます。最終学年には、静岡を代表する存在になることが期待されます。

(投球内容)

 ノーワインドアップから、常時130~中盤ぐらいでしょうか?力のあるストレートと、カーブとのコンビネーション。まだ細かいコントロールはなく、ストライクゾーンの枠の中めがけて投げ込んで来るという感じ。しかし牽制がうまく、クィックも1.05秒前後と動きの良さが目立つ。

<長所>

 足を引き上げて、軸足一本で立った時のバランスの良さが目を惹きます。グラブは最後まで内に抱えられており、足の甲でも地面をしっかり押し付けられています。体ができてくれば球筋が安定してきて、コントロールもよくなりそうな感じはします。

 着地までの足の逃し方はうまく、大型ですが体重移動は悪くありません。そのため球速以上に、打者の手元まで力のあるボールが投げられています。

<課題>

 背中を後ろに傾けてまで腕を真上から降り下ろそうとするので、腕の送り出しに無理を感じます。こうなると肩の故障の原因になりかねません。ボールを持っている腕の肩が上がり過ぎて、グラブを抱えている肩が下がりすぎています。

 振り下ろした腕が身体に絡んで来ないなど、腕の振りが物足りませんし、球持ちに粘りが感じられません。腕が振れれば打者の空振りも誘えますし、球持ちが良ければ打者の打ち損じも誘えます。
将来に向けて
 まだまだ素材に頼ってプレーをしている感じで、勝てる投球には課題があります。これからどんどんチームの中でも存在感が高まり、背負ってゆくものも大きくなるでしょう。1つ1つの技術と身体を鍛えて、全国を視野に入れて精進してもらいたいものです。ぜひ最終学年には、ドラフト候補と呼ばれる存在にまで昇りつめて欲しい。
情報提供・文:2015.11.29 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
県立岐阜商vs飛龍【2015年 練習試合(交流試合)・春】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板