選手名鑑

森山 孔介 (藤沢翔陵)

応援メッセージを投稿する!
森山 孔介

森山 孔介pro2016

都道府県:
神奈川
高校:
藤沢翔陵
学年:
2017年卒
ポジション:
投手・遊撃手
投打:
右/右
身長:
187cm
体重:
85kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 まだまだ粗っぽさが残るものの、スケールの大きな内野手。右の強打者として、2016年度の神奈川県内を代表する存在に育つのではないかと期待されている。

(第一印象)

 背番号6を付けながら、マウンドにも上がるセンスの持ち主。打席での雰囲気が素晴らしく、一冬越えたらどんな選手に育つのかと、ワクワクさせられる。

(守備・走塁面)

 大型ゆえに、遊撃手としては少し重苦しくは感じられます。そのため遊撃手としては、中の下ぐらいの守備力といった感じがします。しかし投手として130キロぐらいは投げていそうな選手であり、地肩は強いのは間違いありません。

 走力は詳細なタイムを計測できなかったのですが、足を売りにするとかそういったタイプではなさそう。

(打撃フォーム)

<構え> ☆☆☆☆

 前足を軽く引いて、グリップの高さは平均的。腰はそれほど据わってませんが、背筋を伸ばし後ろ足に体重をかけて構えます。全体のバランスとしては並ですが、両目でしっかり前を見据えられているところも好いところ。いかにも強打者という雰囲気を漂わせ、相手にプレッシャーをかけます。

<始動> 遅すぎ

 投手の重心が下る時に動きだし、ベース側につま先立ち。本格的に動き出すのは、投手がリリースを迎える直前というタイミング。これではボール到達までに余裕がなく、打撃に必要な形を充分に作れないまま打ち出すことになってしまいます。



<下半身> ☆☆☆

 始動~着地までの間がないので、どうしても打てるポイントが限られた点の打撃になりがち。そのため狙い球を定めて、その球を逃さないことが求められます。

 小さく足を浮かし、ベース側にインステップして踏み込みます。ベース側に踏み込むということは、外角を意識しているということ。踏み込んだ足元はインパクトの際にもブレないので、体の開きを我慢して外角の厳しい球や低めの球にもついて行けます。その分、内角の捌き窮屈になる弊害も。

<上半身> ☆☆☆

 打撃の準備の形であるトップは作れており、特に力みも感じられません。バットの振り出しは少し遠回りに出てくるので、ボールを捉えるまでにはロスがあります。しかしインパクトの際には、バットの先端であるヘッドは下がらずにボールを捉えられているので、広い面でインパクト。打ち損じの少ない、スイングになっています。

<軸> ☆☆☆☆

 足の上げ下げが静かなので、目線の上下動は少なめ。体の開きも我慢でき、軸足も地面から真っ直ぐ伸びており、軸を起点にスイングできています。
将来に向けて
 まだ確実性に乏しい部分があり、脆さがあることは否めません。最大の原因は、始動が遅すぎることで、スイングに余裕がないこと。少しでも好いので、始動を少し早めた方が好いのではないのでしょうか。

 あとは、バットの振り出しの際にヘッドの重みでバットが遠回り出てしまうこと。そのためスイング軌道が遠回りになりがち。もう少し上からバットを振り下ろす意識が持てれば、スイング軌道も改善しそう。

 これに守備力も伴ってくると、大学などこの先のレベルへの扉も開かれることでしょう。一体何処まで進化して行けるのか、これからも追いかけてみたい一人です。
情報提供・文:2015.11.18 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
桐光学園vs藤沢翔陵【神奈川県 2016年夏の大会 第98回選手権神奈川大会】
藤沢翔陵vs横浜緑ヶ丘【神奈川県 2016年夏の大会 第98回選手権神奈川大会】
藤沢翔陵vs茅ヶ崎北陵【神奈川県 2016年夏の大会 第98回選手権神奈川大会】
日大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2016年春の大会 神奈川県春季大会】
藤沢翔陵vs横浜隼人【神奈川県 2016年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs藤沢翔陵【神奈川県 2015年秋の大会 神奈川県秋季大会】
藤沢翔陵vs川和【神奈川県 2015年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs藤沢翔陵【神奈川県 2015年夏の大会 第97回選手権神奈川大会】
藤沢翔陵vs藤沢工科【神奈川県 2015年夏の大会 第97回選手権神奈川大会】
慶應義塾vs藤沢翔陵【神奈川県 2014年秋の大会 神奈川県秋季大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板