選手名鑑

太田 晃平 (九州学院)

応援メッセージを投稿する!
太田 晃平

太田 晃平

都道府県:
熊本
高校:
九州学院
学年:
2014年卒
ポジション:
投手・一塁手・三塁手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
75kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 高校2年生ながら九州学院の4番に座る期待のスラッガー候補。萩原 英之と同じく将来を嘱望される逸材として、起用される。この時期の萩原と比べると守備・走塁面は彼が上であり、いずれは九州地区を代表する大型内野手として育っていくのではないだろうか。
(打撃)
 遠くへ飛ばすしなりを活かしたスイングから鋭い打球を飛ばす打者だが、甲子園ではヒット1本のみに終わり、本来の実力を発揮出来ずに終わった。

 スタンスはスクエアスタンス。ややベースから遠ざかり捕手よりに立ち、棒立ちで構える。腰があまり入らない構えで、窮屈な構えに見える。彼は投手を待つ構えが良くなるだけでもだいぶ変わっていくと考える。

 投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、そこから重心を少し下げて、足を小さく上げて真っすぐ踏み込んで打ちにいく。仕掛けのタイミングが遅くギリギリまで引き付けて捕手寄りのポイントで打つ。

 踏み込んだ足はしっかりと踏ん張ることが出来ている。ただ急ぎ気味に足を上げていくので、タイミングが崩れやすく、下半身がぶれやすい。

 スイング軌道は弧を描く豪快なスイングをしており、芯を喰えばスタンドイン出来るパワーは十分に備わっている。


 気になったのは仕掛けのタイミングが遅く、構えがボールに向かっていける形ではなく、ロスがある動きをしている。もう少し構えからロスを省き、しっかりとボールを見える形を取り、トップの位置を安定させていけば、打撃の確実性は確実に向上する選手ではないだろうか。

(守備・走塁)

 守備面は鍛えられている。打球に対する反応、身のこなしの良さ、捕ってから投げるまでの動作の素早さ、ハンドリングはまだサードを守っていた萩原 英之より上であり、内野手の動きが出来ている。地肩自体も強く、サードの守備に磨きをかけていくと思うが、溝脇 隼人が卒業すれば、彼以上の守備が出来る選手がいない限り、ショートを守る可能性もあり得るだろう。大型選手に最上級生になってからショートを守らせるのは良くある傾向だ。

 塁間タイムは4.5秒前後と左打者に換算すると4.2秒前後と標準タイムを切る走力がある。10試合で3盗塁とそれなりに走れる選手だ。
将来の可能性
 まだ技術的な欠点は見られるが、飛ばすスイングが出来る選手で、構えの型が良くなるだけでも、ボールの呼び込みが良くなり、確実性は上がっていくのではないかとみている。守備も成長の可能性を残し、これからも内野手として続けていける身のこなしがあるので、大型内野手・大型スラッガーの道を極めていくになるだろう。

 今年の九州学院は一年から出場を続けてきた選手たち三年生を迎え、目標である全国制覇へ向けて機運が高まっていることだろう。そういう高いモチベーションの中でやれるというのは彼の能力を伸ばす上で、大きいと思うので、高い意識を持って、夏には大型スラッガーの片鱗を感じさせるパフォーマンスを見せる事を期待したい。
情報提供・文:2012.03.29 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
鹿児島城西vs九州学院【鹿児島県 2012年第42回南日本招待高校野球】
薩摩中央vs九州学院【鹿児島県 2012年第42回南日本招待高校野球】
鎮西vs九州学院【熊本県 2012年 第41回RKK旗争奪選抜高等学校野球大会】
沖縄尚学vs九州学院【2012年春の大会 第130回九州地区高校野球大会】
九州学院vs創成館【2012年春の大会 第130回九州地区高校野球大会】
大阪桐蔭vs九州学院【2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会】
九州学院vs女満別【2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会】
神村学園vs九州学院【2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球大会】
九州学院vs創成館【2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球大会】
九州学院vs宮崎西【2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球大会】
コメント (1)
応援メッセ2011.08.17 さあ
太田~頑張れぇ!!笑

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板