2017年10月07日 大阪シティ信用金庫スタジアム

履正社vs大阪商大堺

2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

履正社が地力の差を見せ付け商大堺を圧倒、準決勝進出!



位田 遼介(履正社)

 国体出場による日程変更で既に大阪桐蔭が準決勝進出を決めている中、2つ目の枠を争って行われた今日の第一試合。雨の影響により3時間近く遅らせての試合開始となった履正社大阪商大堺の一戦は、後半一気に点差を広げた履正社が8対2で圧勝した。

 先制したのは履正社。1回表、今日は1番に入った筒井 太成(2年)が左安を放つと、左翼手の奥野 史朗(2年)が処理を誤って無死二塁。この走者を4番・白瀧 恵汰(2年)が適時二塁打で返し、相手のミスに付け込む形で1点を先制した。

 しかし2回裏。初回は履正社の先発・位田 遼介(2年)の球威に押されて三者凡退に倒れていた大阪商大堺打線である、先頭の4番・奥野が死球で出塁すると、続く5番・東 奏太(1年)が左中間を破る適時二塁打を放ち素早く同点に追い付いた。さらに6番・米田 一隆(2年)が投手強襲の内野安打で無死一、三塁とすると、7番・田中 心平(2年)の二ゴロの間に東が生還し、逆転に成功する。

 貴重なリードを守りたい大阪商大堺であったが4回表。先頭の8番・三木 彰智(2年)が初球の変化球を狙ったように強いゴロを打って左安で出塁し、二死二塁の好機を作ると、2番・西山 虎太郎(2年)の打球は平凡な三ゴロ。ところが三塁手からの送球を、一塁手の杉村 倖介(2年)が後ろに逸らしてしまい、同点に追い付かれた。

 5回が終わった時点で2対2。後半を迎える上で点差の有無は、その後の流れに大きく影響しただろう。しかも大阪商大堺としては、いずれも失策絡みの失点であったことが悔やまれる。

【次のページ】 履正社vs大阪商大堺(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
履正社、近大附が勝利!3回戦進出を決める!【選手権大阪大会・15日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
【動画】北大阪展望!最注目・大阪桐蔭に対抗するチームとは 【ニュース - コラム】
第711回 北大阪展望 大阪桐蔭、履正社のブロックには実力校が集結!【大会展望・総括コラム】
第713回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
大阪桐蔭vs大阪商大堺【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
興國vs履正社【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第5回 北大阪は激戦必至!昨春センバツの2強が激突!南は混戦模様!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
智辯和歌山vs履正社【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
大阪商大堺 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
平成29年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る