2017年09月23日 豊中ローズ球場 (豊中市豊島公園野球場)

大阪商大堺vs大冠

2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 3回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

大阪商大堺が9回裏サヨナラ勝ちで投手戦を制し4回戦進出!

 今夏の準優勝で一躍有名になった大冠と、大阪では安定して好成績を残している大阪商大堺。3回戦屈指の好カードとなった両校の対戦は、大阪商大堺が1対0のサヨナラ勝ちで4回戦進出を決めた。

 例年は強打のイメージがある両校であるが、今日の試合は緊迫した投手戦となった。

 大阪商大堺の先発は田中 心平(2年)。セットポジションの右上手投げから、変化球を中心にボール球も使いつつカウントを作る。飛び抜けた能力があるわけではないが、得点圏に走者がいても落ち着いて自分の投球ができ、無失点投球を続けた。
 大冠の先発は村上 遼成(2年)。こちらも右上手投げであるが、力強い直球が軸となる組み立てで、外野を越える打球はほぼ皆無に抑えた。ただ唯一、三者凡退に抑えた1回裏の3人目、3番・杉村 倖介(2年)の当たりだけは、中堅守後方へのライナーであり、この打球が試合終盤へと繋がる意外な伏線となる。

 試合は両先発が互いに一歩も譲らない完全な投手戦として展開された。ただ、8回までの結果を見れば、大冠が5安打、得点圏5回であるのに対して、大阪商大堺は2安打、得点圏2回だから、大冠がやや優勢であるように思われた。

 9回表。先頭の4番・三浦 夏輝(2年)が放った三塁線への強い打球を、三塁手の森田 崚平(2年)が飛び付いて止め、長打を内野安打にしたのは、記録に残らないファインプレーだった。三浦は犠打と遊ゴロで三塁まで進むが、最後は田中心が三振を奪い、この回も大冠は無得点に終わった。

 そして迎えた9回裏。先頭は3番・杉村。初回の打球を見せられて大冠バッテリーは警戒していた部分もあるだろう、第2打席と第3打席は四球だった。そして最終回に回ってきた第4打席。初回とよく似たセンター方向への力強い打球は、今度は中堅守の頭上を越えて二塁打、この試合初となる無死の走者として出塁した。この貴重な好機に、続く東 奏太(1年)は犠打失敗に倒れるが、一死から無失点投球の田中心が自らの打棒で、これまた中越二塁打を放ちサヨナラ勝ち。最後は大阪商大堺のここ一番の集中力が勝負を決める結果となった。

(文=西村 結生)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
激戦区・大阪で存在感を増す大冠。東山監督の「マンツーマン指導」とは?【野球部訪問】 【ニュース - コラム】
第455回 府立大冠高等学校(大阪)「激戦区・大阪で存在感を増す新鋭公立校の秘密」【後編】【野球部訪問】
激戦区・大阪で存在感を増す大冠。12月~3月は普通のバットが消える??【野球部訪問】 【ニュース - コラム】
第454回 府立大冠高等学校(大阪)「激戦区・大阪で存在感を増す新鋭公立校の秘密」【前編】【野球部訪問】
履正社vs大阪商大堺【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪商大堺vs金光大阪【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪商大堺vs近大泉州【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs大冠【大阪府 2017年夏の大会 第99回選手権大阪大会】
第549回 総合力の大阪桐蔭か?打の大冠か?勝負のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
大冠vs上宮【大阪府 2017年夏の大会 第99回選手権大阪大会】
第546回 大阪桐蔭vs履正社、3度目の対決を制するのは?準決勝の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第542回 大阪大会準々決勝!激戦が予想される4試合の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
大阪商大堺 【高校別データ】
大冠 【高校別データ】
平成29年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る