2017年11月18日 コザしんきんスタジアム

北山vs那覇商

2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

12安打で12点!コールドで北山が大会初の決勝進出



本塁打を放った金城竜(北山)

 上位から下位まで切れ目がない打線は理想中の理想だが、高校野球ではそう簡単に育つものでもあるまい。ましてやこの大会は一年生のみの大会。しかし、北山打線はそれを良い意味で覆す。ファンや関係者からは「凄い」という声しか出なかった。

 1回こそ3人で終わった北山だが2回、一死から5番上間 栄治がレフト前ヒットで出塁。次打者が相手のエラーを刺そうと宮里 光がセンターを襲うタイムリー二塁打。ツーアウト後、ヒットと連続四球で1点を加える。甘い球は積極的に振り抜き、ボール球は見極める。とても一年生とは思えない落ち着きようだ。

 そして4番仲村周真が、走者一掃の中越え3点三塁打を放ち大量7点を奪った。

 3回には、走者を2人置いて金城 竜馬(たつま)がセンターの奥深くを破る会心の当たり。金城竜の俊足と、迷いのないコーチャーの指示で一気に生還。スライディングすら要らない完璧なランニングホームランで計10点。4回にも2点を加え圧巻の5回コールドゲーム。平良 拳太朗たちのベスト4を抜き去る同校初の決勝進出を決めたのだった。

(文=當山 雅通

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
実力拮抗の沖縄を勝ち抜き、甲子園の切符を掴むのはどこだ!? 【ニュース - 高校野球関連】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
興南や沖縄沖縄尚学など強豪校が多数存在する沖縄の勢力図に迫る! 【ニュース - コラム】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
未来沖縄vs九州学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
未来沖縄vs八幡【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
未来沖縄vsれいめい【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
未来沖縄vs興南【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
コザvs沖縄尚学【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第437回 KBC学園未来高等学校沖縄(沖縄)「自利利他」の信念のもとに【野球部訪問】
第547回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】 【2017年インタビュー】
第543回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【前編】 【2017年インタビュー】
那覇商 【高校別データ】
北山 【高校別データ】
第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

那覇商1年生中央大会準決勝匿名 2017.11.17
自分の力を信じて、仲間を信じて戦って下さい
明日の北山戦、応援しています。
がんばれ那覇商野球部⚾

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る