2017年11月18日 コザしんきんスタジアム

沖縄尚学vs沖縄工

2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

1点を争う雨中の攻防を制した沖縄尚学が決勝進出



2年ぶり6度目の優勝を決めた沖縄尚学

 力はほぼ互角。5回を終えて沖縄工のヒットが5本なのに対し、沖縄尚学は2本のみ、スコアは1対1の接戦を演じていた。試合が動いたのは終盤以降だった。

6回、沖縄尚学はこのイニング先頭の3番奥原海斗が左中間へ。この一打で沖縄尚学打線に活気がみなぎる。比嘉大智がライトへ打ち上げると奥原が三塁を陥れ、6番高良魁がスクイズを決めて先制した。

2年連続の決勝、そして今度こそ優勝を狙う沖縄工も黙っていない。その裏、金城大輝がセンター前ヒットで出塁。その後2本のヒットで満塁とする。次打者は三振に倒れたが代打で送られた濱川竜志が押し出し死球を得て同点とした。

しかし沖縄尚学は7回、7番の吉里和己のヒットを足掛かりに二死二塁としてトップへ返す。ここで神里航平が期待に応えセンター前へ。二塁から吉里が一気に帰り再び勝ち越した。

それ以降、強い雨に降られながらの攻防が続くが、7回から登板した比嘉大智が沖縄工打線を封じ込み、1点を守りきる好投。苦しみながらも守り勝った沖縄尚学が2年ぶりの決勝進出を決めた。

敗れた沖縄工だが、エース金城大翔(ひろと)を中心にまとまりを見せてくれた。昨年準優勝の先輩とさらなる技術の向上、そして団結力を見せるならば、来春そして夏と主役として夢舞台へたどり着くのは十分可能。素晴らしいゲーム展開を見せた両チームに拍手を送りたい試合だった。

(文=當山 雅通

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
実力拮抗の沖縄を勝ち抜き、甲子園の切符を掴むのはどこだ!? 【ニュース - 高校野球関連】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
知念 大成(沖縄尚学)琉球の快速左腕が追いかける兄の背中と夏の頂点! 【ニュース - インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
未来沖縄vs九州学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
未来沖縄vs八幡【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
未来沖縄vsれいめい【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
未来沖縄vs興南【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
コザvs沖縄尚学【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
センバツ未出場も、夏の甲子園に近い注目10校をピックアップ!【100回記念大会特集】
第547回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】 【2017年インタビュー】
第543回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【前編】 【2017年インタビュー】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る