2017年10月08日 コザしんきんスタジアム

沖縄尚学vs興南

2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会 決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

8奪三振1失点完投の知念大成の活躍で沖縄尚学が7度目の優勝



知念 大成(沖縄尚学)

 沖縄尚学は初回、一死から深川 蓮が右中間をやぶる三塁打。続く池間 大智の打席でベンチはスクイズを指令。これを池間が決めて先制した。その裏、興南は2番根路銘 太希がライトスタンドへ放り込むソロ本塁打ですかさず同点とする。鹿児島県の神村学園鹿児島実のライバル関係のように、何度も火花を散らしてきた沖縄県の私学二強の戦いはやはり、最後まで緊迫した展開を見せることとなった。

 2回3回と三者凡退に終わっていた沖縄尚学は4回、一死から水谷 留佳と知念 大成の連打で一、三塁とする。ここで6番普久原 琳がセンターへ犠牲フライを放ち三走を迎え入れた。興南藤木 琉悠、仲松 青竜が5回以降、沖縄尚学打線をノーヒットに抑える力投を見せ試合を引き締めるが、4回からギアチェンジをした知念 大成の前に三塁を踏めず流れを引き寄せることが出来なかった。

 沖縄尚学は9回、知念 大成、普久原 琳、高良 魁の三者連続長打が飛び出し大きな2点を加える。最後は知念 大成が連続三振とピッチャーライナーに斬りゲームセット。この大会で大きく成長した知念 大成。こちらも偉大な先輩である東浜 巨以来となる秋の頂点を極めた。

 その東浜は第121回九州地区高等学校野球大会にて大分商(7回コールドゼロ封)、佐賀学園(先発し6回3失点)、鹿児島工(1失点完投)を下し決勝進出。今宮 健太率いる明豊戦こそ敗れたが、堂々の準優勝で選抜高等学校野球大会への切符を確実なものとした。右と左の違いはあるものの、ポテンシャルを秘める知念 大成にはその同じロードを歩む可能性がある。県民が期待するのは、2013年で実現した沖縄県勢同士の決勝だ。

(文=當山 雅通

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
センバツ未出場も、夏の甲子園に近い注目10校をピックアップ! 【ニュース - コラム】
センバツ未出場も、夏の甲子園に近い注目10校をピックアップ!【100回記念大会特集】
沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」 【ニュース - コラム】
第88回 沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
北山vs那覇商【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
沖縄尚学vs北山【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
沖縄尚学vs沖縄工【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
美里工vs沖縄水産【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
名護vs浦添【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
第133回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(西日本編)【ドラフト特集】
第131回 ここ10年間の夏の甲子園優勝投手の現在地【ドラフト特集】
第561回 今大会で最も熱く、ハイレベルな4日目!4試合の見所を徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第547回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】 【2017年インタビュー】
第543回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【前編】 【2017年インタビュー】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
沖縄尚学 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
第67回沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る