2017年04月02日 北谷公園野球場

沖縄尚学vs美里工

2017年春の大会 春季沖縄県大会 決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

6盗塁12安打11得点!完全勝利で沖縄尚学が5年振りのV!

岡留英貴(沖縄尚学)

  「明治神宮大会を制し、春夏甲子園連続ベスト8の山城 大智たちのメンバーよりもこちらが上」と、沖縄尚学関係者より伺ったのは春の対外試合解禁であった。この世代で抜き出ているのは知っているが、それにしても。それが本音だったが、それがなるほどと頷ける凄味を感じた攻撃力だった。

 1回裏、一死一、三塁から空振り三振の直前、一塁走者が二塁へ向かう。転送されるがこれが悪送球となり三塁走者が生還し1点を先取した沖縄尚学。3回には二死一、二塁から石川亮介がライト前へ運ぶタイムリーを放つ。さらに1点を加えた。沖縄尚学は続く4回にも、無死一塁から主砲砂川 リチャードにレフトスタンドへの2ランホームランが生まれ、点差を広げ続けた。

 投げては「先発して7回途中までなげられたことは収穫」と、比嘉監督が語った岡留 英貴が130キロ後半のストレートを見せつつ、変化球でストライクを稼いでいくピッチングで強打の美里工打線に的を絞らせず、試合の主導権を握り続けた。7回には四球1つを挟む4連打で2点を奪い試合を決定づけた。この試合、沖縄尚学のもうひとつの見どころが脚力だ。ダブルスチール成功を含む合計6個もの盗塁。12安打と合わせて完璧な攻撃力は、来る九州地区高校野球大会でも期待が高まる。

 敗れた美里工は「いい勉強になったと選手たちが奮起してくれるのではないかな」と神谷監督が語ったように、一度リセットすることでもう一段上の強さを得ることは可能。一朝一夕では得られないのが打撃力と神谷監督の下、かなりの数を振ってきたことは必ず、良い報いとして帰って来る。凄い投手が揃う九州地区高校野球大会で自分たちのスイングがどれだけ通用するか。楽しみに待っていたい。

(文・写真=當山 雅通

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」 【ニュース - コラム】
第88回 沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
【沖縄】沖縄尚学が優勝!1年生大会決勝を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
沖縄尚学vs北山【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
沖縄尚学vs沖縄工【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
美里工vs沖縄水産【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
名護vs浦添【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
第133回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(西日本編)【ドラフト特集】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第490回 【沖縄展望】いよいよ来週開幕!群雄割拠の沖縄を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第455回 今年の沖縄も実力派揃い!春から激戦が予想される県大会の見所を徹底紹介!【2017年沖縄春季県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第204回 【侍ジャパン18U代表】沖縄尚学高等学校 山城 大智選手 【2014年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
沖縄尚学 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
第64回沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る