2017年04月01日 北谷公園野球場

沖縄尚学vs興南

2017年春の大会 春季沖縄県大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

流れをかえた右腕・河野

好救援を見せた河野哲平(沖縄尚学)

 誰もが認めるこの試合のヒーローだった。3点を奪われ窮地にたったチーム。マウンドへ向かったのは背番号10の右腕河野 哲平だった。

 試合の主導権を握ったのは興南だった。序盤から安打を記録し続けると4回、一死から沖縄尚学内野陣のエラーが続き満塁とする。その初球、砂川亮がスクイズを決めて先制。さらにトップにかえって仲村 匠平がレフトへ二塁打を放ち二者が生還。一挙3点を刻み込んだ。

 興南は5回にも無死一、二塁と攻め立てると、沖縄尚学比嘉監督が動き河野をマウンドへ。1ボールの後だった。二塁けん制で走者を刺す。これで気を良くし二者をショートフライ、センターフライに斬った。これで流れが徐々に沖縄尚学へと傾く。

 その裏、一死一塁で打席に立った河野が思い切り引っ張った打球がレフトを襲う二塁打となる。その後、ワイルドピッチで1点を加える。そして主砲砂川リチャードが、レフトフェンスまで届く大きな犠牲フライで1点差に迫ったのだ。

 7回、沖縄尚学ら一死一、二塁から強攻に出る。河野の2打席連続となるヒットで同点に追いつくと、「あのタイムリーは見事。」と、指揮官が褒めたレフト前へ逆転タイムリーを砂川が放った。さらに押し出しの死球がついて2点をリードした沖縄尚学。投げては、二番手で登板した河野が打者14人に対しヒット僅か1本のみに抑える快投。流れを変えた男の活躍で私学対決を制した。

 一年生中央大会で優勝し、この世代誰もが認めるスター揃いのギャラクシー軍団沖縄尚学。決勝戦も制することで、夏まで一気に突っ走りたい。

(文・写真=當山 雅通

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」 【ニュース - コラム】
第88回 沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
【沖縄】沖縄尚学が優勝!1年生大会決勝を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
沖縄尚学vs北山【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
沖縄尚学vs沖縄工【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
美里工vs沖縄水産【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
名護vs浦添【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
第133回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(西日本編)【ドラフト特集】
第131回 ここ10年間の夏の甲子園優勝投手の現在地【ドラフト特集】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第561回 今大会で最も熱く、ハイレベルな4日目!4試合の見所を徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第27回 興南高等学校(沖縄)【2年ぶり11回目出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第296回 立教大学 大城 滉二選手「勝つための走塁は迷いを一切なくすこと」 【2015年インタビュー】
沖縄尚学 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
第64回沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る