2017年03月30日 北谷公園野球場

興南vs宜野湾

2017年春の大会 春季沖縄県大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

140キロの剛腕対決。興南・上原が先輩の格を見せつけた!

上原麗男(興南)

 興南上原 麗男が初回143kmをマークすれば宜野湾國仲 祐太も4回に140km。共に勢いのあるストレートで緊迫した投手戦を展開したが、上原が先輩格を見せつけた。

 興南は初回、エラーと盗塁、犠打で一死三塁とすると3番上原がレフトへきっちりと上げる犠飛で先制。続く2回、6番嘉数尊に二塁打が生まれるとここも犠打で進める。8番諸見伸彦が逆らわずライト前へ流して2点目を奪った。

 対する宜野湾も1回裏、1番平良幸喜が右中間を破る三塁打を放つが、後続が上原の前に倒れてしまい同点に出来なかったことが悔やまれる。その一打で「仲間に迷惑を掛けるピッチングだけはしない」と、スイッチが入った上原が全力投球。5回まで、宜野湾打線をそのヒット1本のみに抑えた。

 「中盤はストレスがたまる展開」と、興南・我喜屋監督。その理由のひとつが3回の攻撃だった。上原が死球で出塁したものの、続く二人がバントで進めることが出来ず二塁フォースアウト。「大きいのを狙ってもいいときと、進めることなどチームの中でやるべきことをきっちりやることの区別が出来ていない」と、課題がまだあることを指摘した。しかし、その憂いも9回に晴れる。

 一死から8、9番に連続ヒットが生まれ一・三塁。トップの仲村匠平がスクイズの構えから外された格好になった。しかし、三塁走者は走っていない。「一塁走者の盗塁を助けようと考えてやったんでしょう」と、仲村のフェイクを我喜屋監督は説明した。二死となったが、2番伊礼希龍が思い切り引っ張った打球がライトを転々とする。欲しかった追加点。

 さらに上原も「大きいのはいらない。センター返しを心掛けた」結果、タイムリーとなった。その裏、國仲に2点ホームラン(國仲自身、公式戦では初の本塁打)が飛び出したが「5対0ということもあり、ストライクを取りにいってしまった」と、上原は反省したが、「余計な点を与えちゃったけど、今大会初登板で完投出来たことは収穫かな」と、指揮官も納得の上原の出来だった。

 第66回沖縄県高校野球秋季大会2回戦のコザvs宜野湾戦のレポートで、國仲を「魅力たっぷりの選手だ」と書いたが、順調過ぎるほどに成長している。試合前に話していた通り、打たせて取ることを心掛けて7回まで三振は僅か2個だったが、8回に上原、中山とクリーンアップを連続三振斬り。9回も一死二、三塁で仲村を三振に取るなど、力強さを見せつけた。「相手が狙ってても打たれないストレートを身に付けたい」と誓った國仲。チームメートでありライバルの東(ケガでこの大会は当番なし)と切磋琢磨し且つ、この敗戦が國仲をさらに成長させることだろう。

(文・写真=當山 雅通

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
興南が初戦突破!開邦は惜しくも敗れる【選手権沖縄大会・23日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
いよいよ沖縄明日開幕!大波乱の昨夏の沖縄大会を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
第490回 【沖縄展望】いよいよ来週開幕!群雄割拠の沖縄を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
第455回 今年の沖縄も実力派揃い!春から激戦が予想される県大会の見所を徹底紹介!【2017年沖縄春季県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第28回 県立名護高等学校(沖縄)【冬が僕らを強くする2017】
第39回 興南と沖縄尚学の完全2強だが、中部商や美里工も台頭(沖縄)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
未来沖縄vs興南【沖縄県 2016年 第41回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
興南vs中部商【沖縄県 2016年 第41回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
美来工科vs興南【沖縄県 2016年秋の大会 第66回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs知念【沖縄県 2016年秋の大会 第66回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第296回 立教大学 大城 滉二選手「勝つための走塁は迷いを一切なくすこと」 【2015年インタビュー】
第133回 中央大学 島袋 洋奨 選手(興南高出身) 【2013年インタビュー】
第7回 日本野球機構(NPB)審判員 名幸一明さん 【OB訪問】
宜野湾 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
第64回沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る