2016年11月19日 コザしんきんスタジアム

未来沖縄vs興南

2016年 第41回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

1点くれてやれ!冷静なバッテリーの活躍で名門を下したKBC学園未来沖縄

新垣(未来沖縄)

 一年生中央大会の初戦と準々決勝で2試合連続サヨナラ勝ちを収めて勝ち上がってきた興南と、2試合連続二桁安打をマークしてベスト4に進出した未来沖縄の対戦。勢いに乗る怖いもの知らずの猛者たちが名門をも飲み込むのだろうか。はたまた、最後まで諦めない伝統ある勝負強さが新勢力を蹴散らすのだろうか。1点を争う好ゲームを紹介しよう。

 未来沖縄は初回、トップの宮城晴がレフト前ヒットで出塁すると犠打で二塁へ。ツーアウトとなったが4番下地 俊輝がセンター前へ運び先制することに成功。続く2回にも二死二塁として8番山城 翔也がレフト前へ。続く石原 結光が技ありのバントヒットと俊足を生かして2点目。さらに宮城がセンター前へ弾き返して3点目を刻む。僅か2イニングだけで6安打を集める猛攻を見せた。

 追い掛ける興南は4回、大山 盛一郎が内野安打で出塁。四球を得て二死一・二塁とチャンスを広げるとワイルドピッチでそれぞれ進塁した。ストライクが欲しくなる次の球を、仲村 匠平が見逃さずレフト前へ運ぶタイムリーを放ち1点を返した。興南は、2回途中から登板した藤木 琉悠がナイスピッチング。3回の無死一塁では次打者の犠打を自ら捌きセカンドへのフォースアウトに仕留めると、4回の満塁のピンチでは併殺打に斬るなど未来沖縄の攻撃を断ち続けた。

 打線は8回の一死二塁をものにすることは出来なかったものの9回裏、代打で登場した田嶋 大輝がセンターへ抜けようかという当たり。未来沖縄の宜保翔が好捕するも、一塁への送球が逸れてしまう。その間に二塁を陥れた興南は続く藤木がセンター前ヒットで無死一・三塁としたのだ。2試合連続サヨナラ勝ちを収めてきた驚異の勝負強さと集中力に、スタンドは盛り上がりを見せる。

 普通の一年生ならば、ここで名門の前に屈したのかも知れない。「1点なんてくれてやれ!」未来沖縄の捕手山城は、マウンドの新垣 龍希にそう声を掛けた。次打者をショートフライに打ち取りワンアウトを奪う。永山 丈にはセンター前タイムリーを浴びて1点差に迫られたが、落ち着いていた新垣は最後の打者をショートゴロに斬る。先ほど悪送球をしてしまった宜保が自らセカンドベースを踏み一塁へ送球。見事な併殺で興南の粘りを退けた未来沖縄が、大会初の決勝へと進んだのだった。

(文・写真=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
嘉手納、コールド勝利で2回戦進出!【春季沖縄県大会・23日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第455回 今年の沖縄も実力派揃い!春から激戦が予想される県大会の見所を徹底紹介!【2017年沖縄春季県大会展望】【大会展望・総括コラム】
優勝校を二度も追い詰めた名護(沖縄)の冬の取り組みとは? 【ニュース - コラム】
第28回 県立名護高等学校(沖縄)【冬が僕らを強くする2017】
第39回 興南と沖縄尚学の完全2強だが、中部商や美里工も台頭(沖縄)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
未来沖縄vs沖縄工【沖縄県 2016年 第41回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
未来沖縄vs宮古【沖縄県 2016年 第41回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
興南vs中部商【沖縄県 2016年 第41回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
美来工科vs興南【沖縄県 2016年秋の大会 第66回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs知念【沖縄県 2016年秋の大会 第66回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第423回 【沖縄展望】秋の沖縄をリードする学校は?群雄割拠の沖縄 いよいよ幕開け!【大会展望・総括コラム】
第76回 49地区別、ここ10年間の夏の甲子園勝利数ランキング!【データで楽しむ甲子園2016】【夏の大会特集2016】
第296回 立教大学 大城 滉二選手「勝つための走塁は迷いを一切なくすこと」 【2015年インタビュー】
第133回 中央大学 島袋 洋奨 選手(興南高出身) 【2013年インタビュー】
第7回 日本野球機構(NPB)審判員 名幸一明さん 【OB訪問】
興南 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
第41回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る