2016年09月25日 コザしんきんスタジアム

コザvs沖縄尚学

2016年秋の大会 第66回沖縄県高等学校野球秋季大会 3回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

強心臓の一年生左腕・護得久廉。優勝候補を抑える快投!

コザ・護得久廉

 コザ沖縄尚学を破るためには仲村 宏史朗の前に走者をためることが出来るかがカギと書いた2回戦。その答えをコザは初回に出した。一死から大城大空がライト前ヒットで出塁。次打者は三振に斬られるが4番仲宗根 廉がセンター前ヒットで続いた。ここで見るからに気合十分の仲村 宏史朗のバットから、ベンチとスタンドの期待に応えるレフト越えの二塁打が生まれる。一塁走者の仲宗根 廉が生還しコザが2点を奪取した。

 一方、3回を終えて僅か1安打に抑えられていた沖縄尚学は4回裏、二死三塁から5番木村哲汰のショートへの内野安打タイムリーで1点差に迫ると、5回には一死二塁から岡留 英貴がレフト越えのタイムリーを放ち同点に追い付く。そして、この日の試合を左右する緊迫した攻防が6回裏に訪れた。

 沖縄尚学は、この回先頭の仲与志亮輔がレフトへの二塁打で出塁。次打者のセカンドゴロの間に三塁を陥れ一死三塁で、主砲砂川 リチャードと先ほどタイムリーを放った木村へ繋げた。このピンチに今大会初のマウンドを預かる護得久 廉(ごえく)が「低めを突けば大丈夫」と、一年生らしからぬ強心臓ぶりを発揮する。結果砂川をサードゴロ、木村をキャッチャーのファールフライに打ち取り、見事切り抜けた。すると打線は8回表、無死一・二塁のチャンスを得る。次打者の、強攻の一打はファーストへのライナーとなり併殺となってしまったが、打席に立った照屋竣生が値千金となる三塁への強襲安打タイムリーで3点目をボードに刻んだ。

 この勝ち越し点を護得久が守りきり、優勝候補筆頭だった沖縄尚学を撃破。最後の打者を三振に斬った護得久は拳を突き上げガッツポーズ!1995年以来、20年間閉ざされていた準々決勝進出の扉を開けた歓喜の瞬間が訪れた、コザにとって記憶に残る素晴らしいゲームだった。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
石川が29年ぶり2度目の優勝!【沖縄新人中央大会】 【ニュース - 高校野球関連】
ベスト4出揃う!糸満、沖縄尚学を下し準決勝へ【選手権沖縄大会・9日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第490回 【沖縄展望】いよいよ来週開幕!群雄割拠の沖縄を制するのは?【大会展望・総括コラム】
都立日野vsコザvs都立富士森【2017年 練習試合(交流試合)・春】
早稲田実業vs沖縄尚学【2017年 練習試合(交流試合)・春】
秀岳館vs沖縄尚学【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
沖縄尚学vs美里工【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
第455回 今年の沖縄も実力派揃い!春から激戦が予想される県大会の見所を徹底紹介!【2017年沖縄春季県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第39回 興南と沖縄尚学の完全2強だが、中部商や美里工も台頭(沖縄)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第423回 【沖縄展望】秋の沖縄をリードする学校は?群雄割拠の沖縄 いよいよ幕開け!【大会展望・総括コラム】
第204回 【侍ジャパン18U代表】沖縄尚学高等学校 山城 大智選手 【2014年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
沖縄尚学 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】
第66回沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る